TOP > 技術シーズ検索 > シンボル挿入によるピーク電力低減および復号誤り率改善方法ならびに無線送受信装置

シンボル挿入によるピーク電力低減および復号誤り率改善方法ならびに無線送受信装置

シーズコード S130011018
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 落合 秀樹
  • 棚橋 誠
技術名称 シンボル挿入によるピーク電力低減および復号誤り率改善方法ならびに無線送受信装置
技術概要 情報シンボルの間に、制御シンボルを挿入して、信号点間の位相遷移量を抑えるとともに、受信時に挿入シンボルを誤り訂正符号として利用する。リアルタイムの高速演算処理を必要とすることなく、予め決定された挿入シンボルパターンを記憶したルックアップテーブルを参照して、挿入シンボルを選択する。変調信号のピーク電力低減と、復号誤り率の改善とを同時に実現する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-217385.gif
研究分野
  • 変復調方式
展開可能なシーズ 本発明によれば、送信側の信号処理負担を軽減して、送信処理回路を簡素化し、携帯端末装置の消費電力を大幅に削減することができる。同時に、シェイピングのための挿入シンボルを復号にも利用して、誤り訂正符号の復号誤り率を改善することができる。
情報シンボルの間に、制御シンボルを挿入して、信号点間の位相遷移量を抑えるとともに、受信時に挿入シンボルを誤り訂正符号として利用する。リアルタイムの高速演算処理を必要とすることなく、予め決定された挿入シンボルパターンを記憶したルックアップテーブルを参照して、挿入シンボルを選択する。変調信号のピーク電力低減と、復号誤り率の改善とを同時に実現する。
用途利用分野 シングルキャリア変調装置、シングルキャリア復調装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人横浜国立大学, . 落合 秀樹, 棚橋 誠, . シンボル挿入によるピーク電力低減および復号誤り率改善方法ならびに無線送受信装置. 特開2009-055111. 2009-03-12
  • H04L  27/20     
  • H03M  13/25     

PAGE TOP