TOP > 技術シーズ検索 > 新規癌検出方法、癌検出器具、および癌検出キット

新規癌検出方法、癌検出器具、および癌検出キット

シーズコード S130011026
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 安井 弥
  • 大上 直秀
技術名称 新規癌検出方法、癌検出器具、および癌検出キット
技術概要 ADAMTS16遺伝子は、亜鉛依存的なプロテアーゼ活性を示す遺伝子であり、成人の組織では大脳および卵巣で発現しているものの、骨肉腫および乳癌ではまったく発現していない。骨関節炎の患者の軟骨および滑膜において、ADAMTS16遺伝子が高発現していることが示されている。そして食道癌において高発現していることを見出した遺伝子は、ADAMTS16をコードする遺伝子であった。そこで被検体由来の試料において、ADAMTS16遺伝子の発現レベルを測定する測定工程、および上記ADAMTS16遺伝子の発現レベルを正常レベルと比較する比較工程を包含することを特徴とする被検体由来の試料の癌検出方法、特に食道がんの検出方法を開発した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-015630.gif
研究分野
  • 腫ようの診断
  • 生化学的分析法
展開可能なシーズ 癌検出方法、特に食道癌における特定遺伝子の発現レベルを正常レベルと比較して癌の検出を行う方法、癌を検出するための器具、および癌を検出するためのキットを提供する。
癌検出方法は特異性が高いので、偽陽性が少ないという効果を奏する。さらに、従来のマーカーでは早期癌の検出が困難であったが、本被検体由来の試料の癌検出方法を用いれば、早期癌を感度よく検出することができるという効果を奏する。
用途利用分野 ADAMTS16遺伝子発現レベル検出キット、食道癌検出キット、食道癌検出技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 安井 弥, 大上 直秀, . 新規癌検出方法、癌検出器具、および癌検出キット. 特開2008-178362. 2008-08-07
  • C12Q   1/68     
  • C12M   1/00     
  • C12N  15/09     
  • G01N  33/574    
  • G01N  37/00     

PAGE TOP