TOP > 技術シーズ検索 > パターン画像への情報埋め込み方法および情報読み込み方法ならびにパターン画像への情報埋め込み装置および情報読み込み装置

パターン画像への情報埋め込み方法および情報読み込み方法ならびにパターン画像への情報埋め込み装置および情報読み込み装置

シーズコード S130011035
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 栗山 繁
  • 松原 潤弥
技術名称 パターン画像への情報埋め込み方法および情報読み込み方法ならびにパターン画像への情報埋め込み装置および情報読み込み装置
技術概要 本発明では、印刷される画像群に対して人間の視覚に感知されない情報を埋め込み、および読み出す方法を実現する。また、本発明では2通りの課題解決手段を提供するために、撮影時に検出用の枠がある場合に画像へ情報を埋め込む手法を開発した。その手法では、手続き的に、あるいは画像処理・合成・変換等によって生成され、規則的に配置される各変形図柄に対して、マスク領域における色の割合から計算される画像クラスの種類を意図的に設定することにより、ある特定の情報、例えばURLなどの文字列コードを分割、配置して埋め込む。埋め込まれた特定の情報を取り出すためには、生成された画像を撮影することによって得られる画像データから、変形図柄の部分的な色の割合から計算して相当する画像クラスを求めて分割されている情報を検出し、さらに変形図柄の配置順等から埋め込まれた情報を復号する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-034140.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 画像に対して情報を埋め込む場合、雑音や変形の混入が不可避なアナログ過程を経たデータに対して,デジタルデータに対して用いられている既存の電子透かしなどの手法を適用すると、雑音や変形に対する耐性の確保にはデータの改竄に対して必要とされる耐性よりも多くの冗長性を必要とする。したがって、デジタルデータに対する手法を拡張しただけの従来技術の方法では、数バイト程度の情報しか埋め込めないという問題がある。また2次元バーコードはデザイン的な要素を加えることが困難であるので大量に用いると印刷物の見栄えを損なうという欠点がある。そこで、様々な形状の絵柄や図柄を規則的に配置した画像に対して、頑強に多くの情報データを人間の視覚に感知されないように埋め込む、ならびに読み出す方法ならびに装置を提供することを目的とする。
本発明では、変形図柄中の特定のマスク領域に情報を埋め込むため、画像の一部分を操作するだけで、情報を保持した変形図柄が生成できる。結果として、デザイン的な見栄えを損なわない変形規則を用いて情報埋め込み画像を生成することができる。
用途利用分野 電子透かしシステム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人豊橋技術科学大学, . 栗山 繁, 松原 潤弥, . パターン画像への情報埋め込み方法および情報読み込み方法ならびにパターン画像への情報埋め込み装置および情報読み込み装置. 特開2008-199425. 2008-08-28
  • H04N   1/387    
  • G06T   1/00     

PAGE TOP