TOP > 技術シーズ検索 > 癌の転移性及び浸潤能の検査方法

癌の転移性及び浸潤能の検査方法

シーズコード S130011084
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 北川 雅敏
  • 高 芸
  • 北川 恭子
技術名称 癌の転移性及び浸潤能の検査方法
技術概要 検査対象の細胞又は組織におけるGタンパク共役型受容体GPR48の発現を検出することからなる癌の転移性の検査方法及び検査対象の細胞又は組織におけるGタンパク共役型受容体GPR48の発現を検出することからなる癌の浸潤能の検査方法である。この検出の方法は、抗原抗体反応、RT-PCR、cDNAマイクロアレイ、ノーザンブロッティング、マススペクトロメトリー解析、又はプロテインチップ解析により可能である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-526861.gif
研究分野
  • 腫ようの化学・生化学・病理学
  • 病理検査
展開可能なシーズ 癌患者の癌部組織検体を用いてGPR48の発現量を定量的RT-PCR又は抗GPR48抗体を用いた免疫組織染色や酵素免疫抗体法等の免疫学的方法により転移の可能性を診断する方法を提供する。
分化度(中程度)、リンパ管浸潤(有)及びリンパ節転移(有)とGPR48の発現亢進が有意な相関を示した。GPR48は癌細胞の浸潤を促進する機能を持っていることを考え合わせると、GPR48の発現亢進はヒトの癌の転移浸潤性の亢進を導いていると考えられる。
用途利用分野 GPR48発現量検出キット、GPR48発現量検出技術、癌転移性診断技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人浜松医科大学, . 北川 雅敏, 高 芸, 北川 恭子, . 癌の転移性及び浸潤能の検査方法. . 2008-12-11
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     
  • G01N  33/574    
  • C07K  16/30     

PAGE TOP