TOP > 技術シーズ検索 > 電線支持装置及び監視システム

電線支持装置及び監視システム

シーズコード S130011105
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 奥井 明伸
  • 森本 大観
  • 赤木 雅陽
  • 森田 岳
技術名称 電線支持装置及び監視システム
技術概要 直流電力ケーブルCが配設される構造体Sに取り付けられ、当該直流電力ケーブルCを支持するクリート(電線支持装置)10は、直流電力ケーブルCを支持する第1及び第2半体(支持部)20,30と、直流電力ケーブルCの外周面と接触する第1電極23と、構造体Sと接触する第2電極24と、漏電を検出する漏電検知部25と、この漏電検知部25により漏電が検出されたときに、漏電情報を出力する処理部26と、を有し、監視システム50によりこの漏電情報を監視する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-089115.gif
研究分野
  • 送電
展開可能なシーズ 交流電力ケーブルの場合、ケーブルが劣化・故障すると漏れ電流が遮蔽層に流れるため、この漏れ電流に基づく故障検知装置が実用化されている。しかしながら一般に、直流電気鉄道用のケーブルは、交流電力用CV-Tケーブル等と異なり、遮蔽層(シールド)を有しておらず、その漏れ電流は直接このケーブルが取り付けられている構造物(上述の壁、ケーブルラック、床等)に流れるため、検出することが難しいという課題があった。これに対し、直流電力ケーブルの被覆部の劣化により発生する漏電を検知する機能を有した電線支持装置、及び、この電線支持装置から出力される漏電情報を監視する監視システムを提供することを目的とする。
本発明に係る電線支持装置及び監視システムを以上のように構成すると、従来は発見することが極めて困難であった直流電力ケーブルの漏電を早期に検知することができるようになり、高信頼の運転用直流電力供給(鉄道サービス)を提供することができる。
用途利用分野 直流電力ケーブルからの漏電検出装置、電力ケーブル監視システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 奥井 明伸, 森本 大観, 赤木 雅陽, 森田 岳, . 電線支持装置及び監視システム. 特開2009-247081. 2009-10-22
  • H02G   9/00     
  • G06K  17/00     

PAGE TOP