TOP > 技術シーズ検索 > 圧力波形測定装置及びその測定方法

圧力波形測定装置及びその測定方法

シーズコード S130011110
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 菊池 勝浩
  • 高見 創
  • 小澤 智
技術名称 圧力波形測定装置及びその測定方法
技術概要 圧力波形測定装置1は、トンネルなどの管路状空間2内を伝播する平面波である圧力波(大気圧基準)を測定する。圧力波形測定装置1は、管路状空間2の内部へ向けて側壁から突出して取り付けた音声マイクなどの圧力波形測定プローブ3を複数個含む。2又は3個の圧力波形測定プローブ3a~3cは、管路状空間2に沿って一定間隔Lだけ隔てて取り付ける。圧力波形測定装置1は、圧力波形測定手段によって得た圧力波形データを管路状空間に沿った基準位置に位相シフトさせて、基準位置における、開口端部で反射した反射波を除去した圧力波形を得るデータ処理手段を備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-091055.gif
研究分野
  • 力,仕事量,圧力,摩擦の計測法・機器
展開可能なシーズ トンネルなどの管路状空間内を開口端部へ向けて伝搬する平面圧力波の圧力波形の測定において、音源から管路状空間内を開口端部へ向けて伝搬する圧力波の一部は開口端部で反射されて反射波として管路状空間内を戻り、圧力波は音源からの入射波と反射波との重なり合った状態で測定される。そこで、管路状空間内外の圧力変動の関係を得るために、管路状空間内で測定される圧力波から入射波だけを分離して測定できる圧力波形測定装置を提供する。
圧力波形データを前記管路状空間に沿った基準位置に位相シフトさせて、前記基準位置における、開口端部で反射した反射波を除去した圧力波形を得ることにより、管路状空間内を開口端部へ向けて伝搬する平面圧力波を実験的に正確に測定できる。
用途利用分野 圧力波形測定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 菊池 勝浩, 高見 創, 小澤 智, . 圧力波形測定装置及びその測定方法. 特開2009-244110. 2009-10-22
  • G01H   3/00     

PAGE TOP