TOP > 技術シーズ検索 > 腎臓・泌尿器疾患の診断方法

腎臓・泌尿器疾患の診断方法

シーズコード S130011156
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 今村 隆寿
技術名称 腎臓・泌尿器疾患の診断方法
技術概要 尿中のプロテアーゼ活性を複数の基質を用いて測定し、当該基質に対するプロテアーゼ活性のパターンを分析することを含む、腎臓・泌尿器疾患の診断方法である。すなわちアセチル-X1-X2-Y(式中、X1及びX2は、各々独立にアミノ酸残基を示し、Yは、X2との結合が切断されると蛍光を発する化合物になる官能基を示す)で示される基質に対するプロテアーゼ活性を測定することにより、尿中のプロテアーゼ活性を測定する方法である。さらにアセチル-Asn-Phe-MCA、アセチル-Phe-Arg-MCA、アセチル-Tyr-Arg-MCA、アセチル-Phe-Lys-MCA、又はアセチル-His-Ala-MCA(式中、MCAは、4-メチルクマリル-7-アミド基を示す)に対するプロテアーゼ活性を測定することにより、尿中のプロテアーゼ活性を測定する方法で、尿プロテアーゼ活性の測定において、Asn-Pheでは86以下、Phe-Argでは103以下、Phe-Lysでは12以上、Tyr-Argでは8.6以上、His-Alaでは7.4以上の場合(単位はcpu/mgcreatinine)は異常値であると判断する方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-522619.gif
研究分野
  • 泌尿生殖器の診断
  • 病理検査
展開可能なシーズ 尿中のプロテアーゼ活性を複数の基質を用いて測定し、当該基質に対するプロテアーゼ活性のパターンを分析することを含む、腎臓・泌尿器疾患の診断方法が提供する。
腎臓・泌尿器疾患を高い特異性で診断することが可能である。またこの診断方法は、患者に対する侵襲が全くなく、迅速に腎臓・泌尿器疾患を診断することができる。
用途利用分野 腎臓・泌尿器疾患診断技術、腎臓・泌尿器疾患診断キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 熊本大学, . 今村 隆寿, . 腎臓・泌尿器疾患の診断方法. . 2009-11-26
  • C12Q   1/37     

PAGE TOP