TOP > 技術シーズ検索 > ケカビによるエタノールの製造法

ケカビによるエタノールの製造法

シーズコード S130011169
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 星野 一宏
  • 高野 真希
技術名称 ケカビによるエタノールの製造法
技術概要 木質系バイオマスまたは草本系バイオマスの加水分解物にケカビに属する糸状菌を作用させることを特徴とするエタノールの製造方法であって、ケカビに属する糸状菌がペントースの資化能を有するものであるエタノールの製造方法である。そしてペントースの資化能を有するケカビに属する糸状菌がムコール(Mucor)属またはリゾムコール(Rhizomucor)属である請求項1または2記載のエタノールの製造方法である。そして木質系バイオマスまたは草本系バイオマスの加水分解物が、ペントースおよび/またはヘキソースを含むものであるエタノールの製造方法である。草本系バイオマスが穀類、稲わら、もみ殻、麦わらまたはバガスであるのエタノールの製造方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-213586.gif
研究分野
  • 微生物代謝産物の生産
展開可能なシーズ バイオマス資源の主成分であるデンプン、セルロースおよびヘミセルロースの加水分解物からエタノールの製造方法を提供する。
Mucor属またはRhizomucor属に属するエタノール生産微生物を用いることで、バイオマス資源の主成分であるデンプン、セルロース、およびヘミセルロースの加水分解物から効率よくエタノールを製造する方法が提供される。用いる菌は糸状性を持つため,簡便な方法でエタノールを分離することができる。さらに、好気条件でもエタノールが生産できるため、嫌気環境を作るための施設を必要としない。
用途利用分野 ケカビによるエタノール製造技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人富山大学, . 星野 一宏, 高野 真希, . ケカビによるエタノールの製造法. 特開2010-046024. 2010-03-04
  • C12P   7/08     

PAGE TOP