TOP > 技術シーズ検索 > Tol1因子のトランスポザーゼ及びそれを用いたDNA導入システム

Tol1因子のトランスポザーゼ及びそれを用いたDNA導入システム

シーズコード S130011183
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 古賀 章彦
  • 濱口 哲
技術名称 Tol1因子のトランスポザーゼ及びそれを用いたDNA導入システム
技術概要 遺伝子工学的手法や分子生物学的手法に転移因子を利用するためには、ベクターとなる因子に加えて、それを転移させる要素であるトランスポザーゼが必要である。そこで遺伝子工学的手法などにTol1因子を利用するため、Tol1因子のトランスポゾンの転移を触媒する酵素(トランスポザーゼ)及びその利用に関するものである。モザイク着色の個体(メダカ)を実験材料として用いTol1因子のトランスポザーゼ遺伝子を同定した。メダカ由来のトランスポゾンTol1因子(TransposableelementofOryziaslatipes,no.1)のトランスポザーゼ及びそれをコードするポリヌクレオチド、そのトランスポザーゼを利用したDNA導入システム及びDNA導入法である。並びにそのシステムなどに用いられるDNA導入キット等に関するものである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-549271.gif
研究分野
  • 遺伝子操作
展開可能なシーズ 遺伝子工学的手法などにTol1因子を利用するため、Tol1因子のトランスポザーゼを提供することを目的とする。
トランスポザーゼ、又はポリヌクレオチドを含むヘルパー要素と、を含むDNA導入システムとして利用することができる。
用途利用分野 トランスポザーゼによるDNA導入技術、トランスポザーゼによるDNA導入キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人名古屋大学, 国立大学法人 新潟大学, . 古賀 章彦, 濱口 哲, . Tol1因子のトランスポザーゼ及びそれを用いたDNA導入システム. . 2010-03-25
  • C12N  15/09     
  • C12N   9/10     

PAGE TOP