TOP > 技術シーズ検索 > サイクリンA-p27相互作用検出方法

サイクリンA-p27相互作用検出方法

シーズコード S130011211
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 千葉櫻 拓
技術名称 サイクリンA-p27相互作用検出方法
技術概要 サイクリンA-YFPN融合タンパク質をコードする発現ベクター及びp27-YFPC融合タンパク質をコードする発現ベクターを細胞へ導入して形質転換細胞を作製するステップと、形質転換細胞を培養し、サイクリンAYFPN融合タンパク質と、p27-YFPC融合タンパク質を生成させるステップと、サイクリン-サイクリン依存性キナーゼ複合体と、p27との相互作用を蛍光の有無で検出するステップと、を有するサイクリンA-p27相互作用を検出する方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-270185.gif
研究分野
  • バイオアッセイ
  • 遺伝子操作
  • 抗腫よう薬の基礎研究
展開可能なシーズ p27とサイクリン-CDKとの相互作用を生細胞内で簡便に検出・評価するシステムを提供する。
サイクリンA-p27相互作用の低下しているがん細胞を選別することが可能となる。さらにそのようながん細胞において、本発明を評価系として、相互作用を増強するような化合物をスクリーニングすることにより、抗がん剤の開発・評価への応用が可能となる。
用途利用分野 p27-サイクリン-CDK相互作用検出技術、p27-サイクリン-CDK相互作用検出キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京農業大学, . 千葉櫻 拓, . サイクリンA-p27相互作用検出方法. 特開2010-094110. 2010-04-30
  • C12Q   1/02     
  • C12N  15/09     
  • C12Q   1/48     
  • G01N  21/64     

PAGE TOP