TOP > 技術シーズ検索 > 非接触電力伝送システムおよび電子装置

非接触電力伝送システムおよび電子装置

シーズコード S130011218
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 柴 建次
技術名称 非接触電力伝送システムおよび電子装置
技術概要 カプセル11の外面に一対の体内電極12a,12bを配置し、カプセル11内に電子機器を封入し、体内に配置する。体表面に体内電極12a,12bと誘電結合する一対の体外電極22a,22bを装着し、体外電極22a,22bに交流電圧を印加することにより、体内電極12a,12bに交流電圧を誘起させる。体内電極12a,12bに誘起された交流電圧を整流して又は交流のまま電子機器に動作電圧として印加する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-285998.gif
研究分野
  • 送電
  • 医療用機器装置
展開可能なシーズ 体内で使用される電子機器に共通する課題として電源の確保があり、非接触で電力を供給する非接触電力電送システムが研究されている。しかしながら、体内に埋設された電子機器或いは飲み込まれた電子機器の場合、これらの機器に配置された電極と体外の電極とを近接および対向させることは困難であり、生体への影響も考慮しなければならない。たとえば、電磁誘導による手法では、送信コイルが大型化すると共に磁界により生体に局所的に生ずる渦電流による熱・刺激等、生体への影響が大きいという問題がある。また、伝送できるエネルギーが100mW程度でさほど大きくできない。そこで、生体に与える影響が小さく且つ生体内の電子機器に体外より電力を供給可能とすることを目的とする。
本発明によれば、内部電極と外部電極とが、誘電体である生体を介して対向し、静電結合により内部電極に電圧が誘起され、外部電極から内部電極への電力の伝達が可能となる。
用途利用分野 体内用医療電子機器、体内用電子機器への非接触電力電送システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京理科大学, . 柴 建次, . 非接触電力伝送システムおよび電子装置. 特開2010-115025. 2010-05-20
  • H02J  17/00     
  • H02J   7/00     
  • H04B   5/00     
  • H01F  38/14     
  • H01M  10/44     
  • A61B   1/00     

PAGE TOP