TOP > 技術シーズ検索 > 発光ダイオードの駆動回路、それを用いた発光装置および照明装置

発光ダイオードの駆動回路、それを用いた発光装置および照明装置

シーズコード S130011240
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 坂本 康正
技術名称 発光ダイオードの駆動回路、それを用いた発光装置および照明装置
技術概要 駆動回路100は、直列に接続された複数のLED4を含むLEDアレイ2を駆動する。電源30は、LEDアレイ2に駆動電圧Vdrvを供給する。第1トランジスタ12および第1抵抗R1は、LEDアレイ2の駆動経路上であって、LEDアレイ2の第2端子P2と基準電圧端子P3の間に直列に設けられる。定電流源16はLEDアレイ2の第2端子P2と第1トランジスタ12の制御端子の間に設けられる。第2トランジスタ14は、第1トランジスタ12の制御端子と基準電圧端子の間に設けられ、その制御端子に第1抵抗R1の電圧降下VR1に応じた電圧が印加される。この構成によれば、発光ダイオードアレイに、電源電圧に依存しない安定した駆動電流を供給することができる。また駆動回路における主たる電力損失は、第1トランジスタおよび第2抵抗によって発生し、その電力は、駆動電流と、第1トランジスタおよび第2抵抗の合成抵抗の積で与えられるところである第1トランジスタおよび第2抵抗の電圧降下を小さくでき、消費電力を低減できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-193901.gif
研究分野
  • 発光素子
  • 電子回路一般
展開可能なシーズ 商用交流電圧を平滑化してLEDアレイを駆動する場合、商用交流電圧が定電流回路の動作電圧より低下すると、所望の輝度を得るために必要な駆動電流を生成できなくなってしまうという問題がある。そこで、安定した輝度でLEDを駆動する技術を提供する。
電源電圧の変動に対し、安定した輝度でLEDを駆動できる。
用途利用分野 発光ダイオードアレイ、照明装置、発光装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人金沢工業大学, . 坂本 康正, . 発光ダイオードの駆動回路、それを用いた発光装置および照明装置. 特開2011-049197. 2011-03-10
  • H01L  33/00     
  • H05B  37/02     

PAGE TOP