TOP > 技術シーズ検索 > 高揚力オッターボード

高揚力オッターボード

シーズコード S130011241
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 胡 夫祥
  • 東海 正
  • 木下 弘実
  • 熊沢 泰生
技術名称 高揚力オッターボード
技術概要 トロール船とトロール網とに連結された状態としてトロール船によってトロール網とともに曳航されることにより、トロール網の網口を展開させるオッターボードであって、湾曲板2を有し、湾曲板2は、曳航状態において曳航方向の前方側となる前側の端部から曳航状態において曳航方向の後方側となる後側の端部に向かって曳航状態において網口の展開方向に対応する湾曲方向に湾曲するような形状に形成され、湾曲板2には、膨出面3を有する膨出構造4と、天板5と底板7との少なくと も1つが形成されている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-030508.gif
研究分野
  • 漁獲法
展開可能なシーズ トロール網の拡網力を大幅に向上させることができ、あわせて、オッターボードの面積を小さくしても従来のオッターボードと同様もしくはそれ以上の拡網力を得ることができるオッターボードを提供する。
拡網力の向上に加えて、更に、オッターボードの小型化を図ることができ、ひいては、トロール船のデッキにおける漁具の操作が容易となり、操業の効率化および省人省力化が可能となり、漁業経営の向上に寄与することができる。また、オッターボードの原材料の減少によってオッターボードを安価に製造することができ、コストを削減することができる。
用途利用分野 高揚力オッターボード、高揚力オッターボード製造技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人東京海洋大学, ニチモウ株式会社, . 胡 夫祥, 東海 正, 木下 弘実, 熊沢 泰生, . 高揚力オッターボード. 特開2010-183877. 2010-08-26
  • A01K  73/045    

PAGE TOP