TOP > 技術シーズ検索 > 製品割り付け決定装置、製品割り付け決定方法、製品割り付けプログラム

製品割り付け決定装置、製品割り付け決定方法、製品割り付けプログラム

シーズコード S130011252
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 竹安 数博
  • 豊田 丈輔
技術名称 製品割り付け決定装置、製品割り付け決定方法、製品割り付けプログラム
技術概要 製品割り付け装置1は、製品を割り付ける母体の種類を指定する遺伝子Bを製品毎に有する染色体Bと、製品を割り付ける順序を指定する遺伝子Pを製品毎に有する染色体Pとを有する個体を複数生成することによって初期の集団を生成する初期集団生成部と、各個体の染色体B及び染色体Pに基づいて製品を母体に割り付ける製品割り付け部とを備える。さらに、製品割り付け部による割り付けの結果に基づいて各個体の優劣を示す個体適応率と、各個体における各製品の割り付けの優劣を示す遺伝子適応率を算出する算出部と、個体適応率に基づいて個体の選択を行う個体選択部とを備える。個体選択部によって選択された個体の中から一対の個体を親個体として選択してこれら親個体の対を交叉させることによって新たな個体を生成する操作を、規定の個体数になるまで繰り返して新世代の集団を生成する交叉部と、選択された個体に対して突然変異を生じさせるか又はこの個体を新たに生成した個体と入れ替える多様化処理部と、終了基準が満たされるまで製品割り付け部、算出部,個体選択部、交叉部及び多様化処理部による処理を繰り返す終了判断部とを備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-103052.gif
研究分野
  • 人工知能
  • 建設材料一般
展開可能なシーズ 長さ又は容積が互いに異なる複数種類の母体(材料,容器)に対して複数種類の製品の割り付けを効率的に行うことができる製品割り付け決定装置を提供する。
それぞれの親から歩留が高く、遺伝子単位に残材率の低い「良い遺伝子」を引き継ぐことができるため、さらに良い収束性が期待でき、製品の割り付けを効率的に行うことができる。
用途利用分野 製品割り付け決定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人大阪府立大学, 住友林業株式会社, . 竹安 数博, 豊田 丈輔, . 製品割り付け決定装置、製品割り付け決定方法、製品割り付けプログラム. 特開2010-009585. 2010-01-14
  • G05B  19/418    

PAGE TOP