TOP > 技術シーズ検索 > ポリウレタンエラストマー・アクチュエータ

ポリウレタンエラストマー・アクチュエータ

シーズコード S130011262
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 京兼 純
  • 加藤 哲司
技術名称 ポリウレタンエラストマー・アクチュエータ
技術概要 PUEアクチュエータを構成するPUEに、カチオン成分として窒素元素を含むイオン性液体を添加することである。さらには、前記窒素元素を含むカチオン成分が脂肪族系であるカチオン、なかでも直鎖型アルキル置換第4級アンモニウムであることを好ましい。また前記イオン性液体とともにカーボンナノチューブ(CNT)などの導電性ナノカーボンを添加することも好ましい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-081336.gif
研究分野
  • ロボットの設計・製造・構造要素
展開可能なシーズ 大気中駆動型ポリウレタンエラストマー・アクチュエータ(PUEアクチュエータ)は、屈曲のための駆動電圧が数KV程度と高いため、実用化には更なる駆動電圧の低下が求められており、駆動電圧を低下させるために、様々なアプローチがなされているが十分でない。本発明では、PUEアクチュエータを、従来よりさらに低電圧駆動が可能にすることを目的とする。
本発明のPUEアクチュエータによれば、大気中においても安定的に駆動できるというPUEアクチュエータの性質を損なうことなく、駆動電圧が数V程度という低電圧駆動を実現できる。さらに、イオン性液体とともに導電性ナノカーボンを加えた好ましい様態によれば、絶縁破壊特性が改善され、高い電圧を印加して、大きく屈曲変位させることのできるPUEアクチュエータとすることができる。
用途利用分野 大気中駆動型ポリウレタンエラストマー・アクチュエータ、マイクロマシンアクチュエーター、人工筋肉
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人国立高等専門学校機構, . 京兼 純, 加藤 哲司, . ポリウレタンエラストマー・アクチュエータ. 特開2010-233429. 2010-10-14
  • H02N  11/00     
  • C08K   5/34     
  • C08L  75/04     
  • C08K   5/19     
  • H01L  41/193    
  • H01L  41/26     
  • H01L  41/22     

PAGE TOP