TOP > 技術シーズ検索 > 送信回路

送信回路

シーズコード S130011299
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 長谷 和男
  • 福田 英輔
  • 山尾 泰
技術名称 送信回路
技術概要 送信回路は、変調信号の振幅変調成分をΣ-Δ変調してパルス幅変調信号を出力するΣ-Δ変調器と、電力増幅器での送信出力に応じた送信出力制御係数を前記変調信号に乗じることにより得られる信号の角度変調成分信号を生成する角度変調部と、前記パルス幅変調信号と前記角度変調成分信号とを乗じ、当該乗算結果を前記電力増幅器への出力信号として出力する乗算器とを含む。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-291060.gif
研究分野
  • 移動通信
展開可能なシーズ 第3世代(3G)やこれからのワイヤレス通信の主流である線形変調システムでは高い電力効率でひずみ無く増幅することができる送信装置の実現が望まれており、Σ-Δ変調器を用いて、パルス幅変調(PWM)が行われる。しかし、Σ-Δ変調器による変調の過程では、量子化雑音が発生する。そのため送信信号の平均電力を変更(出力電力を下げるなど)したい場合、信号の振幅制御により電力制御を実現しようとすると、送信帯域外の雑音電力の規格を満足することが難しくなる。これに対し、送信信号の電力と送信帯域外の電力の比を適正範囲内に抑えた送信回路の提供することを目的とする。
本発明によれば、送信信号の電力と送信帯域外の電力との比を適正範囲内に抑える送信回路を実現することができる。
用途利用分野 第3世代携帯電話、ワイヤレス通信システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 富士通株式会社, 国立大学法人電気通信大学, . 長谷 和男, 福田 英輔, 山尾 泰, . 送信回路. 特開2011-135200. 2011-07-07
  • H04L  27/32     
  • H03F   3/24     

PAGE TOP