TOP > 技術シーズ検索 > 微小粉からなる化合物の製造方法、非晶質炭酸カルシウム

微小粉からなる化合物の製造方法、非晶質炭酸カルシウム

シーズコード S130011332
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 小嶋 芳行
技術名称 微小粉からなる化合物の製造方法、非晶質炭酸カルシウム
技術概要 微小粉からなる化合物の製造方法は、得ようとする化合物を構成する陽イオンを含む原料溶液と、得ようとする化合物を構成する陰イオンを含む原料溶液とを、それぞれ超音波照射により霧化させ、発生した霧の流れである流束を、反応場としての空間において衝突させ、生成した液滴をろ過、乾燥させる。アルコールまたはアルコール水溶液を超音波照射により霧化することにより発生した流束を反応場としての空間に供給することが好ましい。得ようとする化合物は、炭酸カルシウム、硫酸カルシウム二水和物、水酸化カルシウムまたはリン酸カルシウムであること、特に得ようとする化合物が、CaCO・0.5HOで表される非晶質炭酸カルシウムであることが好ましい。得ようとする化合物を構成する陽イオンを含む原料溶液が、カルシウム源の水溶液であり、得ようとする化合物を構成する陰イオンを含む原料溶液が炭酸源、硫酸源、水酸化物源またはリン酸源の水溶液であることが好ましい。CaCO・0.5HOで表される非晶質炭酸カルシウム(物質)も包含されている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-276688.gif
研究分野
  • 無機工業薬品,無機材料一般
展開可能なシーズ 超音波霧化液滴を用いて、粒径が20~100nm程度、BET法比表面積が20~80m/g程度、の微小粉体、例えば非晶質炭酸カルシウムをはじめとする化合物の合成方法を提供する。
粒径20~100nm程度の微小粉体を簡単に製造することができる。微細なカルシウム化合物や炭酸塩の製造方法により、紙、ゴム、プラスチック、化粧品などの充填剤をはじめとする無機工業材料として利用される微細な炭酸カルシウム、水酸化カルシウム、なかでも新規な非晶質炭酸カルシウムを製造することができる。
用途利用分野 微小粉製造装置、非晶質炭酸カルシウム、微細な炭酸カルシウム、水酸化カルシウム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 小嶋 芳行, . 微小粉からなる化合物の製造方法、非晶質炭酸カルシウム. 特開2011-116601. 2011-06-16
  • C01F  11/18     
  • C01F  11/02     

PAGE TOP