TOP > 技術シーズ検索 > 回路情報管理装置、その方法、及びプログラム

回路情報管理装置、その方法、及びプログラム

シーズコード S130011388
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 友景 肇
  • 川瀬 英路
  • 堀内 整
  • 崔 雲
技術名称 回路情報管理装置、その方法、及びプログラム
技術概要 回路を構成する各要素の情報を記憶する回路情報記憶部22と、空間内の任意の位置に仮想の光源を設定する光源情報設定部23と、任意の複数の要素について、設定した光源からの光により生じる要素間の陰影状態を検出する陰影状態検出部24とを備える。さらに、任意の複数の要素間の関連情報を演算する関連情報演算部25と、陰影状態に関する情報、及び関連情報を、複数の要素間の陰影情報として記憶する陰影情報記憶部26とを備える。そして表示制御部27により、回路情報記憶部22、及び陰影情報記憶部26が記憶する情報の表示を制御する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-284310.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
  • CAD,CAM
展開可能なシーズ 配線パターンにおける部品相互間の関連情報を、部品間で生じる陰影情報として保持すると共に、陰影情報の表示態様を工夫することで配線パターンを正確に、且つ設計者に見やすい態様で表示する配線情報管理装置等を提供する。
陰影情報で要素間の位置関係を正確に表示しつつ、陰影が生じる要素間の関連情報を併せて表示することができ、作業を効率よく行うことができる。
用途利用分野 回路情報管理装置、半導体装置の要素間の陰影情報管理装置、MEMの要素間の陰影情報管理装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人福岡大学, ケイレックス・テクノロジー株式会社, 公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団, . 友景 肇, 川瀬 英路, 堀内 整, 崔 雲, . 回路情報管理装置、その方法、及びプログラム. 特開2011-128711. 2011-06-30
  • G06F  17/50     

PAGE TOP