TOP > 技術シーズ検索 > 複数のナップザックを用いる公開鍵暗号方式による暗号システム、鍵生成装置、暗号化装置、復号装置、データ交換方法およびプログラム

複数のナップザックを用いる公開鍵暗号方式による暗号システム、鍵生成装置、暗号化装置、復号装置、データ交換方法およびプログラム

シーズコード S130011390
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 辻井 重男
  • 小林 邦勝
  • 笠原 正雄
技術名称 複数のナップザックを用いる公開鍵暗号方式による暗号システム、鍵生成装置、暗号化装置、復号装置、データ交換方法およびプログラム
技術概要 複数の秘密鍵数列それぞれの要素を変数として非線形関数により組み合わせると超増加性を満たすという条件のもと、複数の秘密鍵数列を生成する。この生成される秘密鍵数列は、個々では超増加性を示さない。鍵生成装置は、さらに、適切な法と、この法と互いに素な複数の乗数とをさらに秘密鍵として定めて、上記複数の秘密鍵数列それぞれの要素をモジュラ変換し、複数の公開鍵数列を生成する。また、複数の公開鍵数列それぞれと平文との内積を求めて複数のナップザックを計算し、計算した複数のナップザックを上記非線形関数に対応して演算して暗号文を生成する。一方、本発明の復号装置は、上記秘密鍵の法と乗数とから、法による乗数の乗法逆元を求め、この法と乗法逆元とを用いて、受信した暗号文を逆モジュラ変換し、複数の秘密鍵数列を用いて暗号文から平文を一意に復号する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-285093.gif
研究分野
  • 符号理論
展開可能なシーズ 解読法として代表的なLLLアルゴリズムを用いる攻撃およびシャミア攻撃法による攻撃に対して耐性を有し、高速処理が可能なナップザック問題を安全性の根拠とする新奇なナップザック暗号方式による、鍵生成を実行する鍵生成装置と、暗号化処理を実行する暗号化装置と、暗号文の復号処理を実行する復号装置とを含む暗号システム、該鍵生成装置、該暗号化装置、該復号装置、データ交換方法およびプログラムを提供すること。
適切な平文サイズを定めることにより、LLLアルゴリズムにおける格子次元を解読不可能となる次元まで増大させ、LLLアルゴリズムによる攻撃に対す る耐性を備えるとともに、個々の秘密鍵数列が超増加性を有さないため、線形不等式を扱うある線形計画法と見なされるシャミア・アルゴリズムによる攻撃に対しても耐性を備えることができる。また、従来のナップザック暗号方式に比べて、鍵サイズが大きくなるが、ナップザック間の演算(例えば乗算)が追加される程度の計算量の増加で済み、高速な暗号化処理および復号処理が実現される。
用途利用分野 鍵生成装置、暗号化装置と、復号装置、暗号システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人 中央大学, . 辻井 重男, 小林 邦勝, 笠原 正雄, . 複数のナップザックを用いる公開鍵暗号方式による暗号システム、鍵生成装置、暗号化装置、復号装置、データ交換方法およびプログラム. 特開2011-128281. 2011-06-30
  • G09C   1/00     

PAGE TOP