TOP > 技術シーズ検索 > 流体モニタリング装置およびそれを用いた船体摩擦抵抗低減システム

流体モニタリング装置およびそれを用いた船体摩擦抵抗低減システム

シーズコード S130011491
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 田坂 裕司
  • 村井 祐一
  • 武田 靖
技術名称 流体モニタリング装置およびそれを用いた船体摩擦抵抗低減システム
技術概要 この流体モニタリング装置1は、船舶の底部7に取り付けられて底部7周辺の流体をモニタリングする流体モニタリング装置であって、超音波の送受信面3aが底部7に沿った面7aに対して斜めになるように固定された複数の圧電式の超音波プローブ3を含むセンサ部10と、超音波プローブ3によって検出される信号を処理する信号処理部4を備える。センサ部10に含まれる超音波プローブ3の送受信面が船舶の底部近傍の流体の進行方向に対して斜めに向くことになるので、センサ部10によって流体の流れを乱して底部への抵抗を増大させることもなく、流体中の気泡の流れを乱して流体のセンシング結果に影響を及ぼすことも少ない。これにより、センサ部10の信号を処理する信号処理部4を用いて気泡生成を制御することで、摩擦抵抗低減効果を妨げることなく効率的な気泡生成を実現することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-023385.gif
研究分野
  • 船舶性能
展開可能なシーズ 気泡生成の動力の低減と摩擦抵抗低減効果の向上とを両立させることが可能な流体モニタリング装置およびそれを用いた船体摩擦抵抗低減システムを提供する。
気泡生成の動力の低減と摩擦抵抗低減効果の向上とを両立させることが可能な流体モニタリング装置およびそれを用いた船体摩擦抵抗低減システムを提供することができる。
用途利用分野 流体モニタリング装置、船体摩擦抵抗低減システム、流体機械解析システム、キャビテーション監視装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人北海道大学, . 田坂 裕司, 村井 祐一, 武田 靖, . 流体モニタリング装置およびそれを用いた船体摩擦抵抗低減システム. 特開2011-163774. 2011-08-25
  • G01P   5/00     
  • B63B   1/38     
  • B63B  49/00     
  • G01N  29/02     

PAGE TOP