TOP > 技術シーズ検索 > ガス発生装置

ガス発生装置

シーズコード S130011497
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 平山 和雄
  • 佐藤 晴夫
  • 神谷 和憲
  • 中山 一男
技術名称 ガス発生装置
技術概要 このガス発生装置は、マイクロ波エネルギを供給するマイクロ波供給部と、直鎖型の飽和炭化水素ガスである原料ガスを流入させる流入口と、反応済みガスを流出させる流出口とを有する反応管部と、反応管部内に配置され、マイクロ波エネルギを受けて放電を起こさせるための反応材部と、を備え、反応材部は、マイクロ波供給部との関係で予め定められた所定の位置で反応管部内に配置されるグラファイトチューブと、グラファイトチューブに取り付けられ、原料ガスの流れ方向に平行な先端形状を有する金属線部と、を含む。例えば、反応管部20内に台座26と、支持体28と、炭素質材料32と金属線部34とを配置する。次に反応管部20内にメタンガスを0.0002m3/分の流量で流入させ、マイクロ波エネルギを照射する。メタンガスにマイクロ波エネルギを照射するだけでは、メタンガスが分解されることはなく、反応管部20内に反応材部30である炭素質材料32と金属線部34を介在させることによって放電が起き、メタンガスが分解され、水素ガスが発生する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-024116.gif
研究分野
  • 反応装置
展開可能なシーズ 反応済みガス中に一酸化炭素や二酸化炭素を含まず、水素ガスのみを回収することのできるマイクロ波エネルギを用いたガス発生装置を提供する。
この構成のガス発生装置によれば、マイクロ波エネルギを照射するだけでは原料ガスとしての直鎖型の飽和炭化水素ガスは分解されないが、反応材部を介在させることで、直鎖型の飽和炭化水素ガスを瞬間的に分解させることが可能になり、反応済みガスの中に一酸化炭素や二酸化炭素を含まず、水素ガスを発生させることができる。
用途利用分野 ガス発生装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 平山 和雄, 佐藤 晴夫, 神谷 和憲, 中山 一男, . ガス発生装置. 特開2011-162365. 2011-08-25
  • C01B   3/24     
  • B01J  19/24     
  • B01J  19/08     
  • B01J   7/00     
  • H01M   8/06     

PAGE TOP