TOP > 技術シーズ検索 > 分子間の類似度を評価するための高速グラフマッチ検索装置及び方法

分子間の類似度を評価するための高速グラフマッチ検索装置及び方法

シーズコード S130011518
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 白井 剛
技術名称 分子間の類似度を評価するための高速グラフマッチ検索装置及び方法
技術概要 第1の分子Aの夫々の原子と第2の分子Bの夫々の原子を対応付け(m(Ai)=Bk)て重ね合わせ、ABの間の最適な原子間対応を求める方法である。S1(Ai,Bk)、S2(Ai,Bk)及びS3(Ai,Bk)の各々を全ての{i,k}の組について求める工程と、その工程にて最大のS3(Ai,Bk)を算出した原子(Ai,Bk)の対応から開始して、未対応の原子の対の中で最大のS3(Aj,Bl)を持つものを対応させることを、対応可能原子の組が無くなるまで続けたときの全体の対応におけるグラフマッチスコアM(A,B)を求める工程とを具備している。そして、その工程におけるM(A、B)が閾値より大きいならば、AとBにつき重ね合わせを出力する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-031526.gif
研究分野
  • 分子構造と性質の実験的研究
  • 分子・遺伝情報処理
  • グラフ理論基礎
展開可能なシーズ 分子グラフに関して、2分子間の原子対応を求め、その対応に基づいて2分子を重ね合わせする方法を実現する高速グラフマッチアルゴリズムを提供する。
原子をノード、化学結合をエッジとして表現した分子グラフに関して、2分子間の原子を対応させ、対応に基づいて2分子を重ね合わせするにあたり、最適な重ね合わせを高速に且つ精度よく求めることができる。
用途利用分野 高速グラフマッチ検索装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人関西文理総合学園, . 白井 剛, . 分子間の類似度を評価するための高速グラフマッチ検索装置及び方法. 特開2011-170444. 2011-09-01
  • G06F  19/16     
  • G06F  17/30     
  • G06F  17/50     

PAGE TOP