TOP > 技術シーズ検索 > 音声合成装置及び方法、並びに音声合成プログラム

音声合成装置及び方法、並びに音声合成プログラム

シーズコード S130011552
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 國近 秀信
  • 有松 友幸
  • 竹内 章
技術名称 音声合成装置及び方法、並びに音声合成プログラム
技術概要 発音が前後の音の影響を受ける言語の言語テキストを音声合成するものであり、単語の音声記号を保持する音声記号辞書、及びこの音声記号辞書を参照し言語テキスト中の単語を音声記号へ変換する音声記号変換手段と、音が変化する条件と変化後の音声記号を保持する音変化規則辞書、及び音声記号変換手段により得られた音声記号と音変化規則辞書とを参照し、音変化規則辞書により保持される音変化が生じる条件に合致する音声記号が含まれていた場合、当該箇所を当該音変化規則辞書の変化後の音声記号へと置換する音声記号置換手段と、音声記号を音声出力するテキスト音声合成手段とから成る。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-038709.gif
研究分野
  • 音声処理
展開可能なシーズ 発音が前後の音の影響を受ける英語等の言語を音声合成するに際して、前後の音変化を考慮した音声合成装置、および多様な言語テキストを用いてその言語の音変化を学習することができるディクテーション学習支援装置を提供すること。
言語テキストがその言語の音変化規則に基づき音声出力されるため、その言語の自然な発音を確認できる。また、各学習者の弱点を考慮した上で、言語の音変化規則に基づいた音声によるディクテーション学習を行うことができるため、その言語の音変化を効果的に学習できる。
用途利用分野 音声合成装置、音声合成プログラム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州工業大学, . 國近 秀信, 有松 友幸, 竹内 章, . 音声合成装置及び方法、並びに音声合成プログラム. 特開2011-175074. 2011-09-08
  • G10L  13/08     
  • G09B   5/04     
  • G09B   7/04     
  • G09B  19/06     
  • G10L  13/00     

PAGE TOP