TOP > 技術シーズ検索 > FRETを利用した酵素活性測定基質及びその製造方法

FRETを利用した酵素活性測定基質及びその製造方法

シーズコード S130011602
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 松岡 浩司
  • 荒井 啓克
  • 岡 博之
  • 幡野 健
技術名称 FRETを利用した酵素活性測定基質及びその製造方法
技術概要 ポリマー形態の酵素基質を製造する方法は、FRETの蛍光ドナーが結合している重合性化合物、FRETの蛍光アクセプターが結合している重合性化合物、並びに、FRETの蛍光ドナー及びFRETの蛍光アクセプターのいずれも結合していない重合性化合物を共重合させてポリマー形態の酵素基質を製造する。FRETの蛍光ドナー又はFRETの蛍光アクセプターのいずれか1つの結合が酵素基質部分を介する結合である、ポリマー形態の酵素基質の製造方法である。また、この製造方法によって合成されるポリマー形態の酵素基質は、式:-A-B-C-で表わされる。A、B又はCのいずれか1つにFRETの蛍光ドナーが結合しており、他の2つのいずれか1つにFRETの蛍光アクセプターが結合しており、蛍光ドナー又は蛍光アクセプターのいずれか1つは、酵素の基質部分を介して結合しており、x、y及びzは1以上の整数である。ただし、蛍光ドナー及び蛍光アクセプターのいずれも結合していないA、B又はCに対応するx、y又はzは、0もしくは1以上の整数である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-068027.gif
研究分野
  • 生化学的分析法
展開可能なシーズ 従来、FRETを利用した酵素基質は、低分子性のものが多く、その製造のために多くの工程と費用が必要とされていた。そのため、酵素活性の検出感度において優れているFRETを、酵素基質として汎用性の高い技術として使用する上で、より簡易でコストも低い製造方法に改善する必要があった。そこで、FRETを利用したポリマー形態の酵素基質、及び、その製造方法を提供する。FRETを利用したポリマー形態の酵素基質、及び、その製造方法を提供する。
この基質は、FRET効果を利用して酵素活性を検出するものであり、共重合反応により煩雑な工程を経ることなく製造することが可能であり、また、製造コストも安価に抑えることができる。
用途利用分野 酵素活性測定基質、酵素活性測定用キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人埼玉大学, . 松岡 浩司, 荒井 啓克, 岡 博之, 幡野 健, . FRETを利用した酵素活性測定基質及びその製造方法. 特開2011-201943. 2011-10-13
  • C12Q   1/34     
  • C12Q   1/40     
  • C08F 220/58     
  • C08F 220/60     

PAGE TOP