TOP > 技術シーズ検索 > 衛星-地上間光通信特性シミュレータ

衛星-地上間光通信特性シミュレータ

シーズコード S130011674
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 荘司 洋三
  • 高山 佳久
  • 豊嶋 守生
  • 岡本 英二
  • 山下 善稔
技術名称 衛星-地上間光通信特性シミュレータ
技術概要 光通信の信号を受信可能であってその連続受信時間が短い状態A、光通信の信号を受信可能であってその連続受信時間が長い状態B、光通信の信号を受信不能であってその連続受信不能時間が短い状態C、光通信の信号を受信可能であってその連続受信不能時間が長い状態D、の4状態が予め定義されるとともに、各状態間の状態遷移が予め設定されたマルコフモデルを使用して状態A~Dの何れの状態であるかを時間毎に求める。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-107649.gif
研究分野
  • 宇宙通信
  • 計算機シミュレーション
展開可能なシーズ 衛星-地上間光通信システムにおける受信信号の品質向上を検討するためには、衛星-地上間光通信の伝搬路モデルを定式化したシミュレータを開発することが必要になる。そこで、衛星-地上間光通信の受信特性を、特に伝搬経路が雲等による遮断され、或いは大気のゆらぎにより変化する場合を考慮しつつより正確にシミュレートすることを目的とする。
本発明によれば、伝搬経路が雲等による遮断され、或いは大気のゆらぎにより変化する場合を考慮しつつ、衛星-地上間光通信の伝搬路モデルを定式化した正確なシミュレーションを行うことが可能となり、実際の衛星から地上局等に対する光通信リンクを擬似的に創出してシステム実験を行うことが可能となる。また、これに加えて、本発明によれば、また様々な通信パラメータを変更しながら通信性能を試験することが可能となり、衛星-地上間光通信に最適な変調方式や通信パラメータの仕様を策定する上で大きな役割を果たすことも可能となる。
用途利用分野 衛星通信システム、衛星通信システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人情報通信研究機構, 国立大学法人 名古屋工業大学, . 荘司 洋三, 高山 佳久, 豊嶋 守生, 岡本 英二, 山下 善稔, . 衛星-地上間光通信特性シミュレータ. 特開2011-239102. 2011-11-24
  • H04B  10/118    

PAGE TOP