TOP > 技術シーズ検索 > 地下密度構造の推定方法

地下密度構造の推定方法

シーズコード S130011701
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 笠 原 順 三
  • 近 藤 逸 人
  • 及 川 佳代子
  • 羽佐田 葉 子
技術名称 地下密度構造の推定方法
技術概要 この推定方法は、探査機器位置情報、地形情報、反射断面の情報、地震波屈折法の情報、総合化測定データ群の情報とから、地中の地震波速度の水平・深さ方向の分布を示す地震波速度構造モデルの第一段階と、密度と地震波速度の間の最適関係式を用いて初期密度構造モデルの第二段階と、計算重力ベクトル値と、観測重力ベクトル値とを比較し、修正密度構造モデルの第三段階と、計算重力テンソル値と観測から得られる観測重力テンソル値とを比較し、最適密度構造モデルの第四段階と、前記最適密度構造モデルを地震波速度構造モデルに変換し、第一段階から第四段階を繰り返し、理論地震波屈折波、理論地震波広角反射波、理論地震波反射断面を作成し、所定の収束条件を満たす最適密度構造を推定密度構造として出力する第五段階からなる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-113942.gif
研究分野
  • 地震脈動,人工地震,核爆発地震,浅部地下構造などに関連する問題
展開可能なシーズ 入手可能な地震探査データと重力データをすべて合理的に満足するような、深さ方向を含めて地下の最適密度構造を求めることができる地下密度構造の推定方法を提供する。
地震波による地震波速度構造を密度構造モデルに転換し、この密度構造モデルを重力ベクトルと重力テンソルによって評価することにより、両計測データの相補的特徴を生かし、測定データ群全体を合理的かつ最適に説明可能な地下密度構造モデルを求めることができる。
用途利用分野 地下鉱物資源探査システム、海底鉱物資源探査システム、地下水脈推定システム、断層帯推定システム、地下埋設構造推定システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人東京海洋大学, . 笠 原 順 三, 近 藤 逸 人, 及 川 佳代子, 羽佐田 葉 子, . 地下密度構造の推定方法. 特開2011-242231. 2011-12-01
  • G01V   7/06     
  • G01V   1/00     

PAGE TOP