TOP > 技術シーズ検索 > 閉鎖性水域における人工排熱処理システム

閉鎖性水域における人工排熱処理システム

シーズコード S130011810
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 中尾 正喜
  • 西岡 真稔
  • 鍋島 美奈子
  • 矢持 進
  • 重松 真稔
  • 遠藤 徹
  • 貫上 佳則
  • 森 信人
技術名称 閉鎖性水域における人工排熱処理システム
技術概要 図1は、閉鎖性水域における閉鎖性水域における人工排熱処理システム100全体の構成を示す図である。閉鎖性水域とは、地理的要因により水の流出入の機会が乏しく、水流が停滞しやすい水流停滞部を有する水域をいい、水流停滞部を有していれば、海だけでなく湖沼等も含まれる。この実施形態では、図1に示すように防波堤で囲われた港湾等の人工的建造物により形成された人工的閉鎖性水域を例にしている。実施形態の人工排熱処理システム100は、人工的閉鎖性水域内の海水の水温より低温である、人工的閉鎖性水域外の底層部の海水を取水する取水手段と、取水手段が取水した海水を熱源として用いる熱交換手段と、熱交換手段で用いられた後、排出される排熱海水に酸素を含む気体を混入する酸素混入手段と、酸素混入手段によって酸素が混入された高酸素海水を閉鎖性水域内の底層部に排出する排水手段とを備えている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-153555.gif
研究分野
  • エネルギー利用と環境との関係
展開可能なシーズ 家屋・発電所等の建物から発生する人工排熱を閉鎖性水域に排出する人工排熱処理システムである。陸上では効果が地理的に限定されていたヒートアイランド対策をより効果的に実現するとともに、閉鎖性水域内における貧酸素状態を改善することができる閉鎖性水域における人工排熱処理システムを提供する。
閉鎖性水域外の底層低温水を冷凍機用凝縮器や蒸気タービン用復水器等への冷却水等として活用することで、ヒートアイランド現象の加速に足止めをかけるとともに、熱交換後の温度上昇した海水を鉛直混合の促進に有効利用することで、閉鎖性水域内の底層部の貧酸素水を改善する。冷房による排熱を、大気だけではなく、熱容量の非常に大きい海水中へ排出することで、ヒートアイランド現象を抑制することができる。具体的には、防波堤で囲まれた閉鎖性水域外の底層貧酸素低温水を熱交換器・発電への冷媒として活用することで、省エネ、コジェネ、二酸化炭素削減が期待できる。熱交換器・発電機冷却に使用された残余排熱水の冷媒として活用することもできる。
用途利用分野 人工排熱処理システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人大阪市立大学, . 中尾 正喜, 西岡 真稔, 鍋島 美奈子, 矢持 進, 重松 孝昌, 遠藤 徹, 貫上 佳則, 森 信人, . 閉鎖性水域における人工排熱処理システム. 特開2012-017549. 2012-01-26
  • E02B   1/00     

PAGE TOP