TOP > 技術シーズ検索 > 抗トリパノソーマ剤およびトリパノソーマ症治療薬

抗トリパノソーマ剤およびトリパノソーマ症治療薬

シーズコード S130011838
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 嶋田 淳子
  • 久保原 禅
技術名称 抗トリパノソーマ剤およびトリパノソーマ症治療薬
技術概要 式Iで表される化合物(ここで、式中、Rは炭素数1?10のアルキル基またはフェニル基を示し、Rは炭素数5?10の鎖状アルキル基を示し、Xはハロゲンあるいは水素を示す)は、図5に示すように抗トリパノソーマ活性を示し、トリパノソーマのホストへの感染やホスト細胞内での増殖を阻害する薬剤として好適に用いることができる。また、トリパノソーマに起因する南米シャーガス病やアフリカ睡眠病などのトリパノソーマ症の治療薬としても好適に用いることができる。本発明は、式Iで表される化合物またはその薬学的に許容される塩を有効成分とする抗トリパノソーマ剤及びトリパノソーマ治療薬を提供する。本発明のトリパノソーマ症治療薬とは、トリパノソーマ症の症状を根治する医薬のみならず、症状を改善する医薬や症状が出るのを防ぐ医薬も含む。本発明の医薬は、例えば、錠剤(糖衣錠、フィルムコーティング錠を含む)、散剤、顆粒剤、カプセル剤、(ソフトカプセルを含む)、液剤、注射剤、坐剤、徐放剤等の医薬製剤として、経口的または非経口的(例、局所、直腸、静脈投与等)に安全に投与することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-163039_1.gif thum_2010-163039_2.gif
研究分野
  • 芳香族単環フェノール類・多価フェノール
  • 病原体に作用する抗生物質の基礎研究
  • 抗原・抗体・補体一般
展開可能なシーズ トリパノソーマは原生生物で、幅広い宿主(ヒトや家畜、他)に感染し、トリパノソーマ症を引き起こす寄生虫である。中南米で800万人以上が感染し、年間何万人もの犠牲者を出して同地域の死因としてはマラリアを上回っている。これまでに、いくつかのトリパノソーマ症治療薬が開発されているが、早期治療が大前提となるうえ、副作用の問題や耐性虫の出現も含め、未だ有効な治療薬・治療法は確立されていない。本発明は、トリパノソーマ原虫に起因する新規なトリパノソーマ症治療薬を提供することを目的とする。
式(I)で表される化合物は、トリパノソーマのホストへの感染やホスト細胞内での増殖を阻害する薬剤として好適に用いることができる。また、トリパノソーマに起因する南米シャーガス病やアフリカ睡眠病などのトリパノソーマ症の治療薬としても好適に用いることができる。
用途利用分野 トリパノソーマ症治療薬、トリパノソーマ症予防薬、南米シャーガス病治療薬、アフリカ睡眠病治療薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人群馬大学, . 嶋田 淳子, 久保原 禅, . 抗トリパノソーマ剤およびトリパノソーマ症治療薬. 特開2012-025671. 2012-02-09
  • A61K  31/12     
  • A61P  33/02     

PAGE TOP