TOP > 技術シーズ検索 > 血栓症予防装置

血栓症予防装置

シーズコード S130011841
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 石井 和男
  • アミル アリ フォロー ナシライ
  • 園田 隆
  • 西田 祐也
  • 岡本 好司
技術名称 血栓症予防装置
技術概要 本体支持部2を有する本体部1と、本体支持部に対して回転可能に回転軸3により支持され、かつ足裏支持板6を備えた揺動体4と、本体部に備えられ、かつ一端が揺動体又は回転軸に連結されて、揺動体に備えた足裏支持板を揺動させる揺動機構5と、を備える。そして、足裏支持板上に足先を載置した際に、揺動体を揺動させることにより、足首の踝付近を中心に足関節を背屈及び伸展運動させる。好ましくは、揺動機構が、揺動機構を駆動するモータと、モータを制御する制御装置を備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-170680.gif
研究分野
  • 予防医学一般
展開可能なシーズ 長距離路線の乗客や手術中或いは手術後の患者の下肢運動を補助して、生理的な自己の筋肉によるポンプ機能を用いて、深部静脈の血流を増加させ、血栓を予防可能にする血栓症予防装置を提供する。
足関節を背屈及び伸展運動させることで下肢の深部静脈である膝窩静脈の血流速度の増加が認められ、深部静脈血栓症が予防できる。
用途利用分野 血栓症予防装置、足むくみ防止装置、足首美容装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州工業大学, 学校法人産業医科大学, . 石井 和男, アミル アリ フォロー ナシライ, 園田 隆, 西田 祐也, 岡本 好司, . 血栓症予防装置. 特開2012-029787. 2012-02-16
  • A61H   1/02     

PAGE TOP