TOP > 技術シーズ検索 > 不規則なパルス列の信号処理方法および信号処理装置

不規則なパルス列の信号処理方法および信号処理装置

シーズコード S130011871
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 松本 聡
技術名称 不規則なパルス列の信号処理方法および信号処理装置
技術概要 注目する信号成分が複雑、又は信号成分が微弱で雑音との区別が困難等により、解析が困難な場合、必要な信号の抽出が重要となる。本発明のランダムな信号成分を含む不規則なパルス列の信号処理方法は、測定したパルス信号を受信する受信ステップと、受信した信号を奇関数を基底関数としてウェーブレット変換する変換ステップと、を有する。そして、この信号処理方法は、測定対象から測定した電流や電圧あるいは電磁波などの電気信号のパルス信号に対して、奇関数を基底関数としてウェーブレット変換を行うことにより、特定の要因による信号成分を精度良く抽出することが可能になる。更に、ウェーブレット変換された値を所定の閾値と比較して、所定の関係にある周波数成分を選択することにより、信号の解析をより容易に行うことが可能になる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-182790.gif
研究分野
  • 情報処理
展開可能なシーズ パルスのウェーブレット解析に適した関数を用いた信号処理方法を提案する。
本実施形態の信号処理方法および信号処理装置により、測定対象から測定したパルス信号の中から、特定の要因による信号成分を精度良く抽出することが可能となる。
用途利用分野 不規則パルス列の信号処理装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人 芝浦工業大学, . 松本 聡, . 不規則なパルス列の信号処理方法および信号処理装置. 特開2012-042296. 2012-03-01
  • G01R  31/12     
  • G06F  17/14     

PAGE TOP