TOP > 技術シーズ検索 > 導電性高分子材料及び導電性高分子材料の製造方法

導電性高分子材料及び導電性高分子材料の製造方法

シーズコード S130011876
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 奥崎 秀典
技術名称 導電性高分子材料及び導電性高分子材料の製造方法
技術概要 伸縮性を備えた導電性高分子材料及び導電性高分子材料の製造方法に関する。ポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン)/ポリ(4-スチレンスルホン酸)(PEDOT/PSS)のコロイド溶液にアラビトールを添加するアラビトール添加ステップと、該アラビトール添加ステップで得られた溶液を乾燥させ、加熱する熱処理ステップと、を備えた製造方法により製造される導電性高分子材料である。図1(A)は、本発明の導電性高分子材料(高分子フィルム)の構成を概念的に示した図である。PEDOT/PSS粒子10は、互いに水素結合によって結合していると考えられる。糖アルコール20は、PEDOT/PSS粒子10同士の間に存在し、PEDOT/PSS粒子10の結合を妨げる。これにより、高分子フィルム同士の水素結合が切れて、高分子フィルムが伸びやすくなるものと考えられる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-189097.gif
研究分野
  • 高分子固体の物理的性質
  • チオフェンの縮合誘導体
  • 成形
展開可能なシーズ 伸縮性を有し、電導度が高い導電性高分子材料及び導電性高分子材料の製造方法を提供する。
伸縮性を有し、電導度が高い導電性高分子材料及び導電性高分子材料を簡便に製造できる特徴を有する。
用途利用分野 導電性高分子材料、導電性高分子材料の製造方法、導電性高分子アクチュエータ、人工筋肉、電子ペーパー
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人山梨大学, . 奥崎 秀典, . 導電性高分子材料及び導電性高分子材料の製造方法. 特開2012-046605. 2012-03-08
  • C08J   3/20     
  • C08G  61/12     
  • C08L  65/00     
  • C08L  25/18     
  • C08K   5/053    

PAGE TOP