TOP > 技術シーズ検索 > イネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の品種鑑定法

イネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の品種鑑定法

シーズコード S130011902
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 岸根 雅宏
技術名称 イネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の品種鑑定法
技術概要 4塩基反復のSSR領域の遺伝的多型に基づいてイネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の品種を鑑定する。また、イネにおける4塩基反復のSSR領域を増幅するためのプライマー対、およびプライマーの組合せを2以上含む、プライマー対のセットを提供する。2塩基反復では、本来のピークの前後に複数のピークが検出され、複数品種が混在した場合などにピークの識別が困難となる場合があるが、本4塩基反復では、ほぼ単一のピークとなるため、識別性が高い。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-202983.gif
研究分野
  • 作物の品種
  • 穀類とその製品一般
展開可能なシーズ 従来のイネの鑑定法では、基本的に1マーカーによる分析によって2種類の多型しか得られず(情報量が少なく)、近縁種が多い稲ではその識別に多数のマーカーによる分析を必要とする。そこで、識別性の高い4塩基反復のSSR領域を利用した品種鑑定法を提供する。
従来のRAPD-STS法およびSNP法に比べ情報量が多いため、より効率的に、かつより広範な品種の識別が可能である。また、従来の2塩基反復ではなく4塩基反復のSSRを用いることで、ヒトのDNA鑑定と同一の高い精度が得られる。したがって、イネまたはそれに由来する組織(例、米)、あるいはそれらの加工品の鑑定能力に優れている。
用途利用分野 イネ品種鑑定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 岸根 雅宏, . イネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の品種鑑定法. 特開2012-055253. 2012-03-22
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     

PAGE TOP