TOP > クイック検索 > 技術シーズ検索 > 線維芽細胞増殖促進剤、角化細胞遊走・増殖促進剤、エラスチン産生促進剤、ヒートショックタンパク質47産生促進剤、α-平滑筋アクチン(α-SMA)産生促進剤、及び光老化防止剤。

線維芽細胞増殖促進剤、角化細胞遊走・増殖促進剤、エラスチン産生促進剤、ヒートショックタンパク質47産生促進剤、α-平滑筋アクチン(α-SMA)産生促進剤、及び光老化防止剤。

シーズコード S130011940
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 湯浅 明子
  • 湯浅 勲
技術名称 線維芽細胞増殖促進剤、角化細胞遊走・増殖促進剤、エラスチン産生促進剤、ヒートショックタンパク質47産生促進剤、α-平滑筋アクチン(α-SMA)産生促進剤、及び光老化防止剤。
技術概要 ヒト正常皮膚由来線維芽細胞の細胞数、エラスチン産生量、I型コラーゲン産生、α-SMA産生量、HSP47産生量、活性酸素種産生量の及ぼす影響を調べ、1’-アセトキシチャビコールアセテート(ACA)、1-アセトキシ-1-(2,4-ジアセトキシフェニル)-2-プロペン、及び1-アセトキシ-1-(3,4-ジアセトキシフェニル)-2-プロペン、4-((E)-3-ヒドロキシ-1-プロペニル)フェニルアセテート、及び2-アセトキシ-4-((E)-3-ヒドロキシ-1-プロペニル)フェニルアセテート、及び3-アセトキシ-4-((E)-3-ヒドロキシ-1-プロペニル)フェニルアセテートなどの化合物が線維芽細胞の増殖能を高め、角化細胞の遊走・増殖能を高め、ヒートショックタンパク質の産生能を高め、エラスチンの産生能を高め、およびα-SMAの産生能を高めるという新たな効果を有することを見出した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-199209.gif
研究分野
  • 外皮作用薬の基礎研究
展開可能なシーズ 皮膚に弾力性を与えるエラスチンや角化細胞の増殖能を亢進することができる物質は植物などの抽出物で、有効成分に個体差がある、使用量が多くなるという問題がある。真皮の強度や皮膚のハリに重要な役割を果たしているα-平滑筋アクチン(α-SMA)SMAの産生を増強する物質については知られていない。本発明は、皮膚の機能を改善機能が一部のみであったり、植物などの抽出物であったりする課題を解決した線維芽細胞増殖促進剤、角化細胞遊走・増殖促進剤、エラスチン産生促進剤、ヒートショックタンパク質産生促進剤、α-SMA産生促進剤、及び光老化防止剤を提供する。
本発明により、1’-アセトキシチャビコールアセテート(ACA)、1-アセトキシ-1-(2,4-ジアセトキシフェニル)-2-プロペンなどの化合物が線維芽細胞の増殖能を高め、角化細胞の遊走・増殖能を高め、ヒートショックタンパク質の産生能を高め、エラスチンの産生能を高め、およびα-SMAの産生能を高め、光老化防止の機能を有するという新たな効果を見出した。
用途利用分野 線維芽細胞増殖促進剤、角化細胞遊走・増殖促進剤、エラスチン産生促進剤、ヒートショックタンパク質産生促進剤、α-平滑筋アクチン(α-SMA)産生促進剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人大阪市立大学, . 湯浅 明子, 湯浅 勲, . 線維芽細胞増殖促進剤、角化細胞遊走・増殖促進剤、エラスチン産生促進剤、ヒートショックタンパク質47産生促進剤、α-平滑筋アクチン(α-SMA)産生促進剤、及び光老化防止剤。. 特開2012-056857. 2012-03-22
  • A61K  31/215    
  • A61K   8/37     
  • A61P  17/02     
  • A61Q  19/00     
  • A61P  17/16     
  • A61P  17/14     
  • A61Q   7/00     
  • A61Q  19/08     
  • A61P  17/00     
  • A61Q  19/10     

PAGE TOP