TOP > 技術シーズ検索 > 環境情報計測装置、環境情報計測システム、及び環境情報計測方法

環境情報計測装置、環境情報計測システム、及び環境情報計測方法

シーズコード S130011968
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 和木 浩
  • 五十嵐 一
  • 渡邊 浩太
  • 牧村 英俊
技術名称 環境情報計測装置、環境情報計測システム、及び環境情報計測方法
技術概要 電源部20は、環境情報収集装置51から受信した電波を基に電源の電力を生成する。サーミスタRSMは、環境(温度)に応じてインピーダンスが変化する回路素子である。そして、最初に、第1のスイッチSW1を閉、第2のスイッチSW2を開とし、電源部20によりコンデンサCを充電する。次に、第1のスイッチSW1を開、第2のスイッチSW2を閉とし、サーミスタRSMを通してコンデンサCの放電を開始する。その後、計時部40により、コンデンサCの電位が所定の基準電圧Vrefになるまでの時間(サーミスタの温度により変化する時間)を、計測データとして測定する。この計測データを、通信部10により環境情報収集装置51に送信する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-208452.gif
研究分野
  • 計測機器一般
展開可能なシーズ 測定対象箇所の環境情報を、低消費電力な回路構成で測定できる環境情報計測装置を提供する。
電源部が、受信した電波に基づいて、負荷に供給する電源の電力を生成し、検出部において形成される回路網の応答特性に応じて変化する信号を出力することにより、被測定対象箇所の環境情報を低消費電力で測定することができる。
用途利用分野 環境情報計測装置、環境情報計測システム、環境情報計測方法
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 東日本旅客鉄道株式会社, 国立大学法人北海道大学, . 和木 浩, 五十嵐 一, 渡邊 浩太, 牧村 英俊, . 環境情報計測装置、環境情報計測システム、及び環境情報計測方法. 特開2012-064035. 2012-03-29
  • G01D  21/00     
  • G01K   1/02     
  • G08C  15/00     
  • G08C  17/00     
  • H04Q   9/00     

PAGE TOP