TOP > 技術シーズ検索 > 放射線源強度測定装置及び放射線源強度測定方法

放射線源強度測定装置及び放射線源強度測定方法

シーズコード S130011978
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 田中 憲一
  • 舘岡 邦彦
  • 浅沼 治
  • 加茂 憲一
  • 晴山 雅人
  • 高田 純
  • 遠藤 暁
技術名称 放射線源強度測定装置及び放射線源強度測定方法
技術概要 微小放射線源挿入装置1は、微小放射線源を前立腺(患部)に挿入する際に挿入対象の微小放射線源の強度を自動的に計測する機能を備え、図1に示すように、本体10と、微小放射線源の挿入具20と、挿入具20内を移動中の微小放射線源の強度を求める測定部30と、から構成される。本体10は、支持部11と超音波プローブ装置12とテンプレート13とを備える。支持部11は、全体を支持する棒状、板状等の部材であり、高さ調整が可能な支持台・ステージ等に設置される。放射線源の強度を求める放射線源強度測定装置は、微小放射線源挿入装置1の微小放射線源の挿入位置毎に測定パラメータを記憶する記憶部を備えるコンピュータ33と、微小放射線源の挿入時に、微小放射線源挿入装置1のガイド針21中を移動中の微小放射線源からの放射線の強度を測定する放射線センサ31とを備える。コンピュータ33は、挿入位置に基づいて記憶している測定パラメータを特定し、特定した測定パラメータと放射線センサ31により測定された放射線強度とに基づいて、微小放射線源の強度を求める。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-220061.gif
研究分野
  • 線量計測・計測器
展開可能なシーズ 患部挿入用の放射線源の強度を効率良く測定することが可能な放射線源強度測定装置及び放射線源強度測定方法を提供する。また、放射線源の取り違えを検出することができる放射線源強度測定装置及び放射線源強度測定方法を提供する。
本発明によれば、患部に挿入される対象の放射線源の移動中にその強度を測定するので、挿入処理と並行して放射線源の強度を効率よく測定することが可能となる。また、挿入中の放射線源の強度を測定するので、取り違えが発生している場合等には、容易に検出することができる。
用途利用分野 放射線源強度測定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 北海道公立大学法人 札幌医科大学, 国立大学法人広島大学, . 田中 憲一, 舘岡 邦彦, 浅沼 治, 加茂 憲一, 晴山 雅人, 高田 純, 遠藤 暁, . 放射線源強度測定装置及び放射線源強度測定方法、放射線源強度測定プログラム. 特開2012-073192. 2012-04-12
  • G01T   1/16     
  • G01T   7/00     
  • G01T   1/29     
  • G01T   1/17     
  • A61N   5/10     

PAGE TOP