TOP > 技術シーズ検索 > ショウロ培養菌糸体接種による子実体生産技術

ショウロ培養菌糸体接種による子実体生産技術

シーズコード S130011986
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 霜村 典宏
  • 有吉 邦夫
技術名称 ショウロ培養菌糸体接種による子実体生産技術
技術概要 ショウロ菌根を形成したクロマツ実生を母樹とする母樹感染法場面で、ショウロ菌糸体粉砕物、ミネラルおよび界面活性剤を含む混合物を、クロマツ実生の根に接種することにより、ショウロ子実体を得ることを可能にした。先ず、ショウロ菌根を形成したクロマツ実生を、クロマツ実生を育成させた環境の土壌に母樹として定植する。次に、これらのショウロ菌根を形成したクロマツ実生、あるいはショウロ菌を接種していない実生の根または育成している土壌に、ショウロ菌糸体粉砕物、あるいはショウロ菌糸体粉砕物、およびミネラルを含む混合物、あるいはショウロ菌糸体粉砕物、ミネラルおよび界面活性剤を含む混合物を接種する。このようにして、ショウロ菌根の数を増大させる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-228793.gif
研究分野
  • 野菜
展開可能なシーズ 従来のショウロ子実体を生産は、無菌条件を形成・維持するための設備や技術を必要とし、多大な経費を伴うこと、また、自然条件下での胞子接種においては、自然界で生産される子実体を集めなければならないなどの制約があった。そこで、簡便にショウロ子実体を製造する方法を提供する。
簡便にショウロ子実体を製造することができ、高級食材であるショウロ子実体を、より多く供給することができる。
用途利用分野 ショウロ子実体製造装置、ショウロ菌株
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人鳥取大学, 鳥取県, . 霜村 典宏, 有吉 邦夫, . ショウロ培養菌糸体接種による子実体生産技術. 特開2012-080811. 2012-04-26
  • A01G   1/04     
  • A01H  15/00     

PAGE TOP