TOP > 技術シーズ検索 > マンナン類含有食材のペースト化方法及びマンナン類含有食材のペースト化剤

マンナン類含有食材のペースト化方法及びマンナン類含有食材のペースト化剤

シーズコード S130012028
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 天野良彦
  • 水野正浩
  • 義元孝司
技術名称 マンナン類含有食材のペースト化方法及びマンナン類含有食材のペースト化剤
技術概要 マンナン類含有の植物性食材に、植物繊維を分解する酵素として、セルロース加水分解酵素であるアクレモニウムセルラーゼ含有の酵素剤の水懸濁液を添加し、食材をペースト化する。このマンナン類含有食材のペースト化方法によれば、マンナン類含有の食材として、従来、硬くて簡単に軟化できなかった里芋の親芋を用いても、親芋に加熱・攪拌を施しつつ、アクレモニウムセルラーゼ含有の酵素剤を添加することによって、親芋を簡単にペースト化できる。マンナン類含有の食材としては、里芋、特に里芋の親芋を好適に用いることができる。里芋の親芋は、小芋よりも硬く、簡単に軟化できず、従来、殆ど農業廃棄物として廃棄処分されていたものである。このため、里芋の親芋を食材として利用することによって、親芋の有効利用を図ることができる。また、マンナン類含有の食材としては、マンナン類含有の加工食品、例えばマンナン類含有のゼリーにも適用し、ゼリーの粘度を調整することも可能である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-255752.gif
研究分野
  • 澱粉
展開可能なシーズ マンナン類を含有する食材としての里芋を簡単にペースト化できる、マンナン類含有食材のペースト化方法及びマンナン類含有食材のペースト化剤を提供する。
マンナン類含有食材としての里芋を煩雑な手間をかけずに簡単にペースト化できる。しかも、里芋の組織(細胞壁)を充分に破壊でき、得られたペーストの食感を良好にできる。更に、アクレモニウムセルラーゼ含有の酵素剤との反応時間を調整することによって種々の粘度のペーストを簡単に得ることができる。
用途利用分野 マンナン類含有食材のペースト化装置、マンナン類含有食材のペースト化剤、ゼリー食品
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人信州大学, . 天野良彦, 水野正浩, 義元孝司, . マンナン類含有食材のペースト化方法及びマンナン類含有食材のペースト化剤. 特開2012-105568. 2012-06-07
  • A23L   1/212    
  • C12P  19/14     

PAGE TOP