TOP > 技術シーズ検索 > 歯磨きに於ける口腔内外傷発生防止用歯ブラシ

歯磨きに於ける口腔内外傷発生防止用歯ブラシ

シーズコード S130012039
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 水谷 智宏
  • 中山 聡
  • 岩崎 浩
  • 宮沢 裕夫
  • 竹下 重雄
技術名称 歯磨きに於ける口腔内外傷発生防止用歯ブラシ
技術概要 この歯ブラシ11は、ブラシ本体としてのヘッド部12と、ヘッド部が固定されている柄部13と、ヘッド部と柄部を繋ぐ位置にあるネック部14と、ネック部と柄部との接続部14a及び柄部の後端部13aにおいて柄部の長手方向の中心軸13dを回転中心として回転自在に係止されたベルト部15を有する。好ましくは、ベルト部または指掛け部は抗菌性シリコーン樹脂で作製する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-238274.gif
研究分野
  • 装身具と日用品
展開可能なシーズ 手もしくは指を覆うリングを付加して歯ブラシによる咽頭部への誤刺入を防止可能にする口腔内外傷発生防止用歯ブラシを提供する。
使用者が、歯ブラシ歯を把持したまま転倒した際に、反射的に床に手を突く動作とともに柄部とベルト部で手に固定された歯ブラシが口蓋部から瞬間的に抜去され、たとえ顔面を床に強打しても歯ブラシが口蓋部の奥部や咽喉部を損傷できる。
用途利用分野 歯ブラシ、スプーン、フォーク
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人松本歯科大学, . 水谷 智宏, 中山 聡, 岩崎 浩, 宮沢 裕夫, 竹下 重雄, . 歯磨きに於ける口腔内外傷発生防止用歯ブラシ. 特開2012-090660. 2012-05-17
  • A46B   5/00     
  • A61C  17/00     

PAGE TOP