TOP > 技術シーズ検索 > 配電線路の自動電圧調整装置及び方法

配電線路の自動電圧調整装置及び方法

シーズコード S130012049
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 青木 睦
  • 関崎 真也
  • 重藤 貴也
  • 坂口 琢磨
技術名称 配電線路の自動電圧調整装置及び方法
技術概要 太陽光発電システムの発電出力を推定するべく、日射量を検出する日射センサ30を設け、該センサによって検出された日射量に応じて、自動電圧調整装置の電圧調整のための基準電圧を予め決められた適正範囲内で所定量だけシフト制御し、日射量が多いときは基準電圧を高めに、日射量が少ないときは基準電圧を低めに、それぞれシフト制御する基準電圧発生回路11を備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-259961.gif
研究分野
  • 太陽光発電
展開可能なシーズ 需要家に太陽光発電システムのような自然エネルギー利用発電システムが設置されると、自然エネルギー利用発電システムの出力変動に自動電圧調整装置の動作が追随できず、需要家における受電電圧が適正範囲から逸脱する恐れがある。これに対し、太陽光発電システムを備えた配電系統において、配電線路の電圧を所定電圧に調整する自動電圧調整装置であって、発電システムの出力変動を予測して、自動電圧調整装置がその変動の影響を受け難いように予め対応することにより、発電システムの出力変動に自動電圧調整装置の動作が追随できず、需要家における受電電圧が適正範囲から逸脱するのを抑制することを目的とする。
太陽光発電システムの発電出力が変動しても、自動電圧調整装置がその変動の影響を受け難く、太陽光発電システムの発電出力の変動に対し、自動電圧調整装置における調整電圧が許容範囲から外れる可能性は少なくできる。その結果、タップの切替回数が減少し、タップ位置を変更する機構部分の耐久劣化を抑制することができる。
用途利用分野 配電系統電圧調整装置、太陽光発電システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 名古屋工業大学, 中部電力株式会社, . 青木 睦, 関崎 真也, 重藤 貴也, 坂口 琢磨, . 配電線路の自動電圧調整装置及び方法. 特開2012-114989. 2012-06-14
  • H02J   3/12     
  • G05F   1/10     

PAGE TOP