TOP > 技術シーズ検索 > ウレタン硬化性組成物、その硬化体、キットおよび硬化体の製造方法

ウレタン硬化性組成物、その硬化体、キットおよび硬化体の製造方法

シーズコード S130012065
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 田中 義身
  • 中村 修平
  • 村上 泰
  • 石井 孝一郎
技術名称 ウレタン硬化性組成物、その硬化体、キットおよび硬化体の製造方法
技術概要 ウレタン硬化性組成物、その硬化体、キットおよび硬化体の製造方法に関する。イソシアネート基含有化合物、ポリオール、さらに、硬化触媒としてチタニウムアルコキシド、およびα-ヒドロキシカルボン酸エステルまたはβ-ヒドロキシカルボン酸エステルを含むことを特徴とするウレタン硬化性組成物である。硬化体の製造方法は、チタニウムアルコキシド、およびヒドロキシカルボン酸エステルを混合した溶液を調製する(ステップS101)。該混合溶液を、ポリオールに混合する(ステップS102)。チタニウムアルコキシドおよびヒドロキシカルボン酸エステルは、それぞれポリオール100質量部に対して0.1~2質量部含有するように混合するのがより好ましい。次に、ステップS102にて調製した混合溶液に、イソシアネート基含有化合物を混合する(ステップS103)。このようにして、ウレタン硬化性組成物を得ることができる。該硬化性組成物は、チタニウムアルコキシドのみを混合した硬化性組成物と比較して、より早く硬化するという利点を有する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-245995.gif
研究分野
  • ポリウレタン
  • 重合触媒,重合開始剤
展開可能なシーズ ウレタン硬化性組成物、その硬化体、キットおよび硬化体の製造方法を提供する。
ウレタン硬化性組成物の製造において、安全性および対環境性に優れたチタニウムアルコキシド系触媒とヒドロキシカルボン酸エステル併用することにより大きな硬化速度が得られる。
用途利用分野 ウレタン硬化性組成物、ウレタンキット、重防食剤、塗料、接着剤、シーリング材
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人三重大学, . 田中 義身, 中村 修平, 村上 泰, 石井 孝一郎, . ウレタン硬化性組成物、その硬化体、キットおよび硬化体の製造方法. 特開2012-097192. 2012-05-24
  • C08G  18/22     

PAGE TOP