TOP > 技術シーズ検索 > 屈折率向上剤、並びにそれを含む樹脂組成物、重合若しくは硬化性組成物及び光学材料

屈折率向上剤、並びにそれを含む樹脂組成物、重合若しくは硬化性組成物及び光学材料

シーズコード S130012079
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 南部 洋子
  • 西久保 忠臣
技術名称 屈折率向上剤、並びにそれを含む樹脂組成物、重合若しくは硬化性組成物及び光学材料
技術概要 屈折率向上剤、並びにそれを含む樹脂組成物、重合若しくは硬化性組成物及び光学材料に関する。[化1]で表されるジナフトチオフェン骨格を有する化合物を含む屈折率向上剤、並びにそれを含む樹脂組成物、重合若しくは硬化性組成物及び光学材料を使用することを特徴とする。屈折率向上剤は、当該ジナフトチオフェン化合物自体でもよいし、その他の成分を含んでもよい。屈折率向上剤は、重合性や硬化性を有する置換基が導入されたジナフトチオフェン化合物を含むことにより、重合又は硬化する化合物の存在のもと、大きな屈折率を有する樹脂組成物となる。そして、これらの樹脂組成物を成形することにより、屈折率の大きな光学材料を作製することができる。屈折率向上剤と混合使用される樹脂として、ポリ(メタ)アクリル酸エステル、ポリスチレン、ポリビニルエーテル、ポリオレフィン及びこれらを構成するモノマーの共重合体、ポリカーボネート、ポリエステル、フェノール樹脂、ユリア樹脂、メラミン樹脂、エポキシ樹脂、並びにオキセタン樹脂等からなる群より選択される少なくとも1つを含む。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-255778.gif
研究分野
  • チオフェンの縮合誘導体
  • 高分子材料一般
  • 光の屈折,反射,分散,偏向,吸収,透過
展開可能なシーズ 有機化合物による新規な屈折率向上剤、並びにそれを含む樹脂組成物、重合若しくは硬化性組成物及び光学材料を提供する。
ポリマータイプの屈折率向上剤を使用した例では、1.70~1.74程度という高い屈折率が得られた。多核芳香族化合物の屈折率向上剤であるにもかかわらず可視域で高い透明性を有している。
用途利用分野 眼鏡レンズ、カメラレンズ、ピックアップレンズ、位相差補償板、光ファイバー
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人神奈川大学, . 南部 洋子, 西久保 忠臣, . 屈折率向上剤、並びにそれを含む樹脂組成物、重合若しくは硬化性組成物及び光学材料. 特開2011-178985. 2011-09-15
  • C08K   5/45     
  • C08L 101/00     
  • G02B   1/04     
  • C07D 333/74     
  • C08G  16/02     
  • C08F  28/06     
  • C08F  20/38     

PAGE TOP