TOP > 技術シーズ検索 > ジェスチャ認識装置及びジェスチャ認識方法

ジェスチャ認識装置及びジェスチャ認識方法

シーズコード S130012085
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 荊 雷
  • 程 子学
  • 王 軍波
技術名称 ジェスチャ認識装置及びジェスチャ認識方法
技術概要 検出部1は、加速度センサ11と、MPU(マイクロプロセッサ)ボード12と、パワーボード13と、電池14と、筐体15を備えており、3軸方向への加速度をそれぞれ検出する。また、検出部1は、使用者の動作に対応して三次元空間内を移動するものである。処理部2は、通信I/F(インタフェース)部21と、記憶部22と、CPU(中央処理装置)23とを備えており、3軸方向のうちの少なくとも一つの軸方向における加速度についての、既定時間内での標準偏差と、他の軸方向における加速度についての、既定時間内での標準偏差との大小関係を用いて、ジェスチャを認識する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-262195.gif
研究分野
  • パターン認識
展開可能なシーズ ジェスチャの認識を簡便な手順で比較的正確に行うことが可能な技術を提供する。
従来の技術では、2つの信号シーケンスの間の類似度を測る認識手法(動的時間伸縮法、隠れマルコフモデル)を用いるものがある。このような従来手法では、積分やマトリックス計算が必要となり、計算量が多い。これに対して少ない計算量でジェスチャの認識を行うことができる。
用途利用分野 ジェスチャ認識装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人会津大学, . 荊 雷, 程 子学, 王 軍波, . ジェスチャ認識装置及びジェスチャ認識方法. 特開2012-113525. 2012-06-14
  • G06F   3/01     

PAGE TOP