TOP > 技術シーズ検索 > リビングラジカル重合法のための触媒

リビングラジカル重合法のための触媒

シーズコード S130012124
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 後藤 淳
  • 辻井 敬亘
  • 福田 猛
技術名称 リビングラジカル重合法のための触媒
技術概要 リビングラジカル重合に用いられる高活性触媒およびそれを用いた重合方法に関する。リビングラジカル重合法のための触媒であって、炭素からなる少なくとも1つの中心元素と、該中心元素に結合したハロゲン原子とを含み、該中心元素には、さらに、電子吸引性置換基または該中心元素と一緒になって共鳴構造を形成する置換基が2つまたは3つ結合しており、ここで、該置換基が2つ存在する場合、該2つの置換基は互いに連結されて該中心元素と該2つの置換基が環構造を形成してもよく、該置換基が3つ存在する場合、該3つの置換基のうちの2つが互いに連結されて該連結された2つの置換基と中心元素とが環構造を形成してもよく、該3つの置換基が互いに連結されて環構造を形成してもよく、該中心元素に結合した置換基により、該中心元素からハロゲン原子が脱離して生成する炭素ラジカルが安定化される触媒である。表1のentry1のように極めて少量でリビングラジカル重合反応を行えることから、触媒の活性が極めて高いことが確認された。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-527855.gif
研究分野
  • 重合触媒,重合開始剤
  • 重合反応一般
  • 炭素多環化合物一般
展開可能なシーズ リビングラジカル重合のための高い活性を有する触媒およびこの触媒を用いた重合法を提供する。
ラジカル反応性不飽和結合を有するモノマーをラジカル重合反応させることにより、分子量分布の狭いポリマーを得ることができ、リビングラジカル重合のコストを劇的に低減することができる。本発明は、触媒の低毒性、低使用量、高溶解性、温和な反応条件、無着色・無臭(成形品の後処理が不要)などの利点を有し、従来のリビングラジカル重合方法に比べて格段に環境に優しく経済性に優れる。
用途利用分野 リビングラジカル重合、レジスト、接着剤、潤滑剤、分散剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人京都大学, . 後藤 淳, 辻井 敬亘, 福田 猛, . リビングラジカル重合法のための触媒. . 2012-02-02
  • C08F   4/00     
  • C08F   4/04     

PAGE TOP