TOP > 技術シーズ検索 > 培地添加剤及びその利用

培地添加剤及びその利用

シーズコード S130012133
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 荒木 聡彦
  • 松村 貴晴
技術名称 培地添加剤及びその利用
技術概要 動物細胞用の培地添加剤は、水疱魚類の水泡の内液又は水泡の内液に由来する成分を含有する。魚類は、水泡眼又はその類縁種である。また、さらに、その活性を向上するために、こうした水疱内液をはじめとする魚類体液に対して活性炭処理を施した。また、培地添加剤によれば、動物細胞の生産、動物細胞による有用物質の生産、動物細胞の処理等においても、動物細胞の活性を維持し増殖を促進することができるので、これらの実施形態においても動物細胞の良好な活性又は増殖活性に基づく効果を得ることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-276226.gif
研究分野
  • 細胞・組織培養法
展開可能なシーズ 牛胎児血清を代替可能な魚類由来の培地添加剤及びその用途を提供する。
動物細胞用の培地添加剤は、魚類に由来しているため、ヒトなどの哺乳類と共通するろ過性病原体がない。このため安全性が高い。また、魚類1個体から相当程度の量を採取でき、また、採取した魚類個体において内液が再生されるため、効率的に取得できる。さらに、内液は、リンパ液様であって血球を含まないため、血球分離が不要である。そして、魚類個体を生存させたまま内液を採取可能であるため、動物保護の観点からも問題がない
用途利用分野 培地添加剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人名古屋大学, 愛知県, . 荒木 聡彦, 松村 貴晴, . 培地添加剤及びその利用. 特開2012-120515. 2012-06-28
  • C12N   5/071    
  • C12P   1/00     

PAGE TOP