TOP > 技術シーズ検索 > Helicobacterpyloriの生育阻害剤およびその製造方法

Helicobacterpyloriの生育阻害剤およびその製造方法

シーズコード S130012141
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 杉山 政則
技術名称 Helicobacterpyloriの生育阻害剤およびその製造方法
技術概要 特定の植物乳酸菌の培養上清が抗ピロリ活性を示すことを見出した。Helicobacter pyloriの生育阻害剤は、植物乳酸菌の培養上清または培養上清からの抽出物を含有する。植物乳酸菌の16S rRNAは、配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列を含むポリヌクレオチド、配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列に1もしくは数個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列を含むポリヌクレオチド、または配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列の相補配列からなるポリヌクレオチドにストリンジェントな条件下でハイブリダイズし得るポリヌクレオチドである。
研究分野
  • 消化器作用薬の基礎研究
展開可能なシーズ ピロリ菌の感染は胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となり、胃癌の発生にも深く関わる。特定の乳酸菌を有効成分とする、胃または十二指腸からピロリ菌を除菌しうる薬剤および醗酵食品が目的の機能を発揮するには、乳酸菌の生菌が胃内へ供給されかつ生育し続けることが必要であるが、胃内へ生菌の状態での必要量の供給は容易ではない。そこで、乳酸菌の生菌を胃内へ供給することなくHelicobacter pyloriの生育を阻害する新たな技術を提供する。
Helicobacterpyloriの生育阻害剤は、乳酸菌の生菌を胃内へ供給することなくHelicobacter pyloriの生育を阻害できる。Helicobacterpyloriの生育阻害剤を用いて、抗ピロリ活性を有する機能性食品を提供できる。
用途利用分野 Helicobacterpyloriの生育阻害剤、抗ピロリ活性を有する機能性食品
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 杉山 政則, . Helicobacter pyloriの生育阻害剤およびその製造方法. . 2011-07-28
  • A61K  35/74     
  • A61K  31/05     
  • A61K  36/00     
  • A61K  36/73     
  • A61P   1/04     
  • A61P  31/04     

PAGE TOP