TOP > 技術シーズ検索 > 抗汗抗原モノクローナル抗体

抗汗抗原モノクローナル抗体

シーズコード S130012142
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 秀 道 広
  • 田 中 稔 彦
  • 石 井 香
  • 鈴 木 秀 規
技術名称 抗汗抗原モノクローナル抗体
技術概要 抗汗抗原モノクローナル抗体は、汗抗原組成物と反応し、かつ、該組成物による汗抗原刺激応答細胞からのヒスタミン遊離を抑制できる。抗汗抗原モノクローナル抗体は、ヒト汗腺からの分泌物に含まれるヒスタミン遊離活性画分を抗原として用いて得られる。抗汗抗原モノクローナル抗体は、ヒト汗腺からの分泌物に含まれるヒスタミン遊離活性画分を、抗ヒトCystatinA抗体アフィニティクロマトグラフィーにかけて得られた抗ヒトCystatinA抗体非吸着画分を抗原として用いて得られる。抗汗抗原モノクローナル抗体は、汗抗原刺激応答細胞からのヒスタミン遊離量を指標にしてスクリーニングされるハイブリドーマから生産される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-510175.gif
研究分野
  • 抗原・抗体・補体の生産と応用
展開可能なシーズ 汗抗原物質による汗抗原刺激応答細胞からのヒスタミン遊離を抑制できるモノクローナル抗体、モノクローナル抗体を用いる判定方法、モノクローナル抗体を含む医薬組成物、診断剤、および診断用キットを提供する。モノクローナル抗体を生産できるハイブリドーマ並びにハイブリドーマのスクリーニング方法および製造方法を提供する。
抗汗抗原モノクローナル抗体は、汗抗原組成物を特異的に感度よく認識できるため、汗抗原の測定試薬、診断剤等に利用できる。抗汗抗原モノクローナル抗体は、プレート等の固相に固着させて使用でき、汗抗原や汗抗原に特異的なIgE抗体を、サンドイッチ法等を用いて高感度で検出できる。判定方法は、、患者血清を用いて汗抗原が関連する疾患の診断を行ない、簡便であり、また、従来アレルギー性疾患の診断に用いられていたヒスタミン遊離試験では判定されない患者に対しても汗抗原が関連する疾患の診断を行なえる。
用途利用分野 抗汗抗原モノクローナル抗体、モノクローナル抗体を含む医薬組成物、診断剤、および診断用キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 秀 道 広, 田 中 稔 彦, 石 井 香, 鈴 木 秀 規, . 抗汗抗原モノクローナル抗体. . 2011-09-01
  • C07K  16/18     
  • A61K  39/395    
  • A61P  11/02     
  • A61P  11/06     
  • A61P  17/00     
  • A61P  17/04     
  • A61P  27/02     
  • A61P  37/08     
  • A61P  43/00     
  • C12N   5/10     
  • C12N  15/02     
  • C12P  21/08     
  • C12Q   1/04     

PAGE TOP