TOP > 技術シーズ検索 > セリシンナノファイバーおよびその製造方法、金属イオン吸着材、染色機能増強材、耐薬品増強材、ならびにセリシン・フィブロイン複合ナノファイバーおよびその製造方法

セリシンナノファイバーおよびその製造方法、金属イオン吸着材、染色機能増強材、耐薬品増強材、ならびにセリシン・フィブロイン複合ナノファイバーおよびその製造方法

シーズコード S130012151
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 塚田 益裕
  • 森川 英明
  • ジャン シアンファ
技術名称 セリシンナノファイバーおよびその製造方法、金属イオン吸着材、染色機能増強材、耐薬品増強材、ならびにセリシン・フィブロイン複合ナノファイバーおよびその製造方法
技術概要 シルクセリシンからなるセリシンナノファイバーであって、シルクセリシンが、裸蛹(遺伝子記号Nd)、セリシン蚕(遺伝子記号Nd-s)もしくはセリシンホープの繭層由来のセリシン、またはこれらカイコの幼虫体内から取り出した絹糸腺内の液状セリシンもしくはこの液状セリシンを凝固させたセリシンである。得られた水溶解性ナノファイバーを水不溶化処理および化学加工処理し、この水不溶化ナノファイバーからなる染色増強材、金属イオン吸着材および耐薬品性増強材。シルクセリシンとシルクフィブロインとからなる複合ナノファイバーを包含する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-288973.gif
研究分野
  • 繊維物性一般
展開可能なシーズ カイコ由来のセリシンを、所望の有機溶媒に溶解して得た溶液を用いて、エレクトロスピニングにより得られる所望の特性を有するセリシンナノファイバーおよびその製造方法を提供する。このセリシンナノファイバーを効率的に水不溶化し、次いで化学加工処理したセリシンナノファイバーにより染色性を増強し(染色増強材)、金属イオンを効果的に吸着し(金属イオン吸着材)、または優れた耐薬品性を付与する(耐薬品性増強材)ことができるセリシンナノファイバーおよびそれを製造するための技術を提供する。また、平均繊維径と繊維径分布の制御を可能とするセリシンナノファイバーの効率的、経済的な製造技術を提供する。
所望のセリシンナノナノファイバーを効率的、経済的に製造する技術を提供できる。金属イオン吸着材、染色機能増強材、抗菌活性素材、耐薬品性素材等として利用できる。水溶解性のセリシンナノファイバーは、極細であることに加え、生体適合性素材であり、かつ生分解性であるため、体内に移植しても体内酵素で分解するという生化学特性を有する。
用途利用分野 セリシンナノファイバー、セリシンナノファイバー製造装置、金属イオン吸着材、染色機能増強材、耐薬品増強材
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人信州大学, . 塚田 益裕, 森川 英明, ジャン シアンファ, . セリシンナノファイバーおよびその製造方法、金属イオン吸着材、染色機能増強材、耐薬品増強材、ならびにセリシン・フィブロイン複合ナノファイバーおよびその製造方法. 特開2012-136795. 2012-07-19
  • D01F   4/00     
  • D01F   4/02     
  • D01D   5/04     
  • D04H   1/728    

PAGE TOP