TOP > 技術シーズ検索 > タンパク質結晶化分析装置及びタンパク質結晶化分析方法

タンパク質結晶化分析装置及びタンパク質結晶化分析方法

シーズコード S130012155
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 若松 孝
  • 丸山 智章
  • 大西 裕季
技術名称 タンパク質結晶化分析装置及びタンパク質結晶化分析方法
技術概要 タンパク質の結晶化を分析するタンパク質結晶化分析装置Xである。測定試料部3は、タンパク質結晶化溶液の入った溶液セルを固定する。この測定試料部3の溶液セルに光源1から、入射光調整部2を介して入射光を導入する。測定散乱光導入部7は、測定試料部3の溶液セルからの散乱光のみを散乱光検出部5へと導く。測定散乱光導入部7により導かれた結晶化溶液の前方小角散乱光又は後方小角散乱光は、散乱光検出部5で検出する。制御解析部9は、散乱光検出部5で検出された小角散乱光又は後方小角散乱光の強度を解析し、結晶化溶液におけるタンパク質の結晶化状態を分析する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-281562.gif
研究分野
  • 分子構造
展開可能なシーズ 高感度なタンパク質結晶化分析装置を提供する。
タンパク質結晶化溶液の前方小角又は後方小角の散乱光を検出することで、微結晶が生じていない準安定領域であるか否かについて分析する、タンパク質結晶化分析装置を提供することができる。
用途利用分野 タンパク質結晶化分析装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人国立高等専門学校機構, . 若松 孝, 丸山 智章, 大西 裕季, . タンパク質結晶化分析装置及びタンパク質結晶化分析方法. 特開2012-127904. 2012-07-05
  • G01N  21/47     
  • G01N  33/68     

PAGE TOP