TOP > 技術シーズ検索 > 光スイッチ素子及び光スイッチ

光スイッチ素子及び光スイッチ

シーズコード S130012169
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 西山 道子
  • 佐々木 博幸
  • 渡辺 一弘
技術名称 光スイッチ素子及び光スイッチ
技術概要 本発明の光スイッチ素子は、コア及び該コアの外周に積層されたクラッドを備える光ファイバと、該光ファイバに接続され、該光ファイバとの界面で伝送する光の一部を漏洩する光透過部材とを有し、入射端に入射されて前記光透過部材を通過した光を出射端から出射する光ファイバセンサ、及びスイッチのオン/オフ状態の1回の切り替え時に、前記光ファイバセンサの描く曲線の界面での曲率が、第1の曲率から第2の曲率に変動し、その後前記第1の曲率に戻るように前記光ファイバセンサの形状を規定するスイッチ部材を備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-512942.gif
研究分野
  • 光伝送素子
展開可能なシーズ 光ファイバセンサが大きな曲率となる状態が長時間継続することがない光スイッチ素子及び光スイッチを提供すること。
本発明の光スイッチ素子によれば、スイッチのオン/オフ状態の1回の切り替え時に、光ファイバセンサの描く曲線の界面での曲率が、第1の曲率から第2の曲率に変動し、その後第1の曲率に戻る。このため、界面での曲率が第2の曲率を有する曲線を描く形状に光ファイバセンサが規定される時間は短い。従って、この形状に光ファイバセンサが馴染むおそれが少なく、スイッチのオン/オフ状態の切り替えの有無を誤判別するおそれが少なくなる。
用途利用分野 光スイッチ素子、光スイッチ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人 創価大学, . 西山 道子, 佐々木 博幸, 渡辺 一弘, . 光スイッチ素子及び光スイッチ. . 2011-09-29
  • H01H  35/00     
  • G02B  26/02     
  • G02B   6/02     

PAGE TOP