TOP > 技術シーズ検索 > 特徴点追跡方法及び特徴点追跡装置

特徴点追跡方法及び特徴点追跡装置

シーズコード S130012178
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 海老澤 嘉伸
技術名称 特徴点追跡方法及び特徴点追跡装置
技術概要 特徴点追跡装置10は、対象者Aの3つの特徴点の3次元位置P,P,Pを時系列で検出し、過去の撮像タイミングにおける3次元位置P,P,Pに基づいて顔座標系のカメラ座標系からの回転角度α,β,γ及び変位を算出する。次に、顔座標系のカメラ座標系からの回転角度α,β,γ及び変位に基づいて、現在の撮像タイミングにおける顔座標系の回転角度α,β,γ及び変位を予測する。そして、回転角度α,β,γ及び変位に基づいて、現在の撮像タイミングの特徴点の3次元予測位置Pn1を算出する。特徴点の位置を検出する際には、3次元予測位置Pn1に基づいて対象の画像フレーム上にウィンドウを設定し、それぞれのウィンドウを対象にして特徴点を検出する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-521735_1.gif thum_2010-521735_2.gif
研究分野
  • パターン認識
展開可能なシーズ 時系列の画像フレームにおける特徴点の移動予測を高精度に行うことで、特徴点の追跡のロバスト性を向上させる。
対象者の頭部の任意の動きに対しても時系列の画像フレーム中の特徴部位群の位置を予測することができ、時系列の画像フレーム中の特徴部位群を正確に追跡することが可能にできる。
用途利用分野 特徴点追跡装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人静岡大学, . 海老澤 嘉伸, . 特徴点追跡方法及び特徴点追跡装置. . 2012-01-05
  • G06T   7/20     

PAGE TOP